大学の進学費用を準備する| やっぱり積み立てが中心でしょう

子供の教育資金を考えるときは、学資保険を思い浮かべる人が多いようです。でも、学資保険を利用するのって、本当にベストの選択なのでしょうか?個人的には、ちょっと疑わしい部分があります。特に、学資保険の保険料を一括で払うなんて意味不明です。

子供の教育資金を保険(特に学資保険)で貯めるメリットは何だろう?

大学の進学費用を貯めるときに、生命保険を利用する人もいます。特に学資保険が有名ですね。でも、わざわざ保険を使って進学費用を貯める必要性って何なのでしょうか?わざわざ保険を選ぶからには、それなりの理由は必要ですよね。

学資保険で大学進学の費用を貯めるデメリット

大学の進学費用の準備のための商品と言うと、学資保険を考える人も多いでしょう。しかし、冷静に考えると、学資保険というのは色々と問題がありそうです。頭を柔軟にして、学資保険以外の商品の利用を考えてみても良いかもしれませんね。もちろん、学資保険が絶対に駄目だとは言いませんけど。

夫の死亡に備えて学資保険に入る事は必要?

学資保険の最大の特徴は、夫の死亡に備えられる事です。積立期間中に夫が亡くなった場合、その後の積立が免除されるのです。夫の死亡に備えられると思うと、何となくすばらしい機能のような気もします。でも、本当に必要なことなのでしょうか。冷静に考えると、この機能は必須とは言えないように思うのです。

大学の学費だけを特別扱いして他と分けて貯める必用はあるのか?

大学の進学費用は、他とは分けて運用するのが正しいと思っている人もいるようです。はたしてその考えは本当なのでしょうか?一般的には、何か別枠を設けて運用するのは、お金の使い方として効率的ではありません。優先して使うべきものに、お金を回せなくなってしまうのです。ですから、出来れば、学資保険などのような目的を限定した支出は避けるべきでしょう。

学資保険は固定金利の商品なので長期の運用には本来不向き

学資保険というのは、固定金利の商品です。固定金利の金融商品は本来は長期の運用には不向きです。特に、低金利の時期には特に使うべきではありません。学資保険が良い商品だと思っている人には申し訳ありませんが、どちらかと言うと避けた方が良い選択だと思います。

投資信託でも大学の進学費用の積立が可能

大学への進学費用の積立に投資信託を用いることも可能です。金利変動やインフレ対策が出来ると言う意味では、学資保険よりも優れた商品だと言えるでしょう。手数料の安い株式で運用する投資信託を利用しましょう。

学資保険の保険料一括払いってどういうこと?| 何をどう考えてもこれを選ぶ理由はみつかりません

学資保険の場合、その保険料は分割で支払うのが基本です。しかし学資保険は、機能としては一括で保険料を支払うことが可能なこともあります。そして、それを利用する人も、少ないながらいるのだそうです。一括で保険料を払うことが出来るような人が、わざわざ学資保険を利用する理由はあるのでしょうか?はっきり言って、保険を利用するメリットはほとんどありません。その一方で、かなり大きなデメリットが有るんですよね。

教育資金の準備として定期的に個人向け国債を買い付けてみてはいかがでしょうか

教育資金を準備する時に、個人向け国債を使うのは良い判断と思います。個人向け国債は定期預金などと比べて金利も高い上に、柔軟性の高い商品です。柔軟性がほとんど無い学資保険などを使うのに比べれば、優れた商品だと思いますよ。ちなみに、インフレの可能性も考えれば、個人向け国債と投資信託を組み合わせることをお勧めします。

大学の学費はいくらと見積もれば良いのでしょう?

子供の大学の進学費用は、いくらと見積もれば良いのでしょうか。現在の水準だと、私立大学に通う場合でも、400万円から500万円程度準備すればほとんどの学部で大丈夫なはずです。しかし実際には、現在の水準で考えると足りない可能性も大きいのです。なぜかというと、18年も時間が経てば、インフレが起こっていると考えるほうが自然だからです。

教育資金は学資保険を使って貯める人が多いらしい

ソニー生命の調査によると、大学の進学費用は学資保険で行う人が多いようです。銀行預金を使う人よりも多いというから、ちょっと驚きです。あまり知識が無い人には、学資保険は魅力的な商品に見えるのでしょうね。本当は問題も多いのですけど。

それがどうした?子供のために貯蓄をしていない家庭が2割

マイナビニュースの記事によると、子供のための貯蓄を定期的にしていない家庭が2割もあるのだそうです。記事では、これを問題だと言いたいようですね。

でも、個人的には、あまり問題だとは思えません。貯蓄って、目的別に行わないといけないものなのでしょうか。効率が悪いだけだと思うのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。