このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険の見直しで大きく節約

毎月ある程度の出費を抑えたいと考えているのなら、生命保険を見直してみるのが一番効果があるかもしれません。

この方法を使えば、毎月の保険料を数千円単位で節約できる可能性があります。

同じような保障内容で、保険会社を変えるだけでも大きく減らせる場合もあるのです。

仮に毎月の保険料の節約が千円だったとしても、保険に入っている長さを考えれば、その額は相当なものです。

仮に30年間保険に入っているとすれば、36万円(=1,000円×12ヶ月×30年)の節約になります。

上手くいけば、もっと大きく節約することも出来るのですから、試さない手は無いと思います。

ちなみに、自動車保険が更新タイミングにある人は、自動車保険の見直しもお忘れなく

必要な保障が無ければ本末転倒

ただ、生命保険の保険料は減らせば良いというものではありません。

その結果、必要な保障を削ってしまっては本末転倒になりかねないからです。

必要な保障が無い保険なんて、全く意味がないものですよね。

それでは、どうすれば良いのでしょうか?

私自身は、保険の相談サービスを利用するのが良いのではないかと思っています。

有料か?無料か?

保険相談には無料のものも有料のものもあります。

無料のものは保険代理店が行っている事が多いですね。

営業活動の一環として、保険の相談にのっているのです。

「ファイナンシャル・プランナーが無料相談」という宣伝をしている場合もありますが、この場合も「保険代理店をしているファイナンシャル・プランナー」である場合がほとんどです。

一方有料のものは、ファイナンシャル・プランナーが相談にのっている場合が多いですね。

この場合は、保険の販売はしていないで純粋に相談だけでお金を頂いていると言うケースが多いようです。

中立性の高い人に相談にのってもらえるという意味では、有料のサービスの方が良いことは間違いありません。

保険の代理店をしている人の場合は、どうしても自分の保険販売が絡んできてしまいますからね。

完全に中立と言うのは難しいはずです。

それでも、保険のことや年金の事をよく理解しないで、自分で見直すよりは良いのではないかと思います。

少なくとも、必要な保障まで削ってしまうと言うような失敗は防げるでしょう。

こんなサイトで見つけることが出来る

保険の相談をしているところは数多くあるのですが、自分の身近なところで探すのはちょっと大変です。

そこで便利なのが、保険マンモスキューイングなどのサイトです。

これらのサイトでは、保険の無料相談を行っている会社を紹介してくれます。

探すときの手間を少なく出来ると思いますよ。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。