このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

お金を貯めるのに役立つお得な制度

政府が推奨する方法で貯蓄することで、税金の節約につなげることが出来ます。しかも、制度を上手く利用すれば、年間十万円以上の節約につながることも。

せっかくですから、こういう制度を積極的に利用していきましょう。知らなかった人は、ぜひチェックしてみてください。

老後のためのお金を積立てるだけで節税ができる

確定拠出年金を使うと、老後のお金を積み立てる事で、税金を安くする方法があります。お金を貯められる上に、税金が安くなるなら大変素晴らしい事ですよね。

しかも、その節税出来る額はかなり大きいのです。こんな有利な仕組みを、見逃す理由は無いでしょう。

確定拠出年金の問題点

確定拠出年金はお得なプランだと思いますが、手数料に気をつけないと高くついてしまうこともありそうです。

長期投資において、手数料を抑えるのはかなり重要なポイントとされています。ちょっとした手数料でも、長期で見るとかなりの差につながるのです。

よく調べて、お得な証券会社・生保会社を選んでください。時間をかけてチェックする価値はあるはずです。

確定拠出年金で節税を

お金を貯めながら、税金を節約することができます。すごい事です。

節約に関しては、節約してお金を貯めるも参考になさってください。

NISA vs iDeCo

資産運用をしながら節税ができる仕組みには確定拠出年金(略称:iDeCo)の他にNISA(あるいは「つみたてNISA」)という仕組みがあります。NISA もとても有利な仕組で、上手に使えばかなり大きな節税ができる場合があります。

ただ、NISA とiDeCo は、人によって向き不向きがあります。間違った方を選んでしまうと、十分な節税が出来ない事があるのです。

具体的にどんなケースが考えられるのか、ちょっと考えてみましょう。

スポンサードリンク

iDeCoはSBI証券がお勧めです

老後の生活資金の準備では、やっぱりiDeCo がおすすめです。とはいえ、iDeCo を始めるならどこの金融機関でも良いというわけではありません。窓口となる金融機関選びは凄く大事なのです。

金融機関選びを失敗すると、かなり不利な状況に追い込まれることになるでしょう。iDeCo を利用するメリットが無くなってしまいます。

とりあえず現状だと、iDeCo を始めるならSBI証券がお勧めです。手数料が安くて選べる投資信託の本数が多いからです。投資信託が多いだけではなく、優れた投資信託がきちんと選ばれている印象です。

iDeCo に興味があるという人は、とりあえず資料請求だけでもいかがでしょうか。

また、他にも選択肢をという事であれば、マネックス証券をお勧めします。マネックス証券もSBI証券い負けないくらい手数料が安いのがその理由です。扱う投資信託は少し少ないですが、必要なものはそろっているので、その意味でも問題はありません。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。