このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

将来必要なお金の目安

お金を貯めるためには、具体的な目標が必要です。具体的な目標を立てるためには、将来必要になるお金について理解しておかなければなりません。

将来のためにはいくら暗いお金を用意しておかなければならないのでしょうか?また、世間はどの程度備えているのでしょうか?

いくら備えれば良い?

老後のためにいくらどの程度の備えがあればいい?

老後のためにはお金を貯めておくことが必要です。でも、どのくらい貯めればいいのでしょうか?

実は、これがなかなか難しい問題です。というのも、老後のための資金というのは、長期間をかけて準備するものです。しかし、長い時間がかかるので環境が変化してしまうのです。具体的に言うと、インフレになったり、年金制度が変わったりする可能性があります。

必要なお金の目安を探るには、そうした環境の変化も考慮の上で行動する必要があるわけです。

子供の教育資金は馬鹿にならない

人生の支出の中で、特に大きいものの一つが子供の教育資金です。一体いくらくらいかかるのでしょうか?これは、公立の学校に入るのか、私立の学校に行くのかでだいぶ違うようですね。

また、最近は、子供の教育費用を減らそうという方向で政府が行動しているようです。私立でも公立でも関係なく高校までは完全に無料にし、大学も極力無料で行けるような方向で検討されているようです。

最終的にどのあたりで落ち着くかは分かりませんが、野党も協力しやすい内容だけに、教育費用の負担は将来的に軽くなる可能性は大きそうです。もっとも現状は、不透明ではありますが。あと、財務省が猛反対しそうですね。

もしもの場合に備えてお金を貯める

いざというときのためにお金を貯めるている人は多いでしょう。万が一のケースに備えるには、どのくらいのお金が必要なのでしょうか。

また、もしもの場合という事だと、貯蓄ではどうしようも無い場合もあります。具体的には、夫が若くして亡くなるようなケースですね。こういう場合に備えるには、保険を利用するしかありません。具体的にどの程度の保険金の保険に入ったらいいのでしょうか。

世間の貯蓄状況

みんなどのくらいお金を貯めるものなの?

お金は自分の生活に応じて貯めればいいものです。ですから、貯金している額を人と競う必要は、本来はまったくありません。人がどのくらいお金を貯めているかは、自分の人生には全く関係ないことなのです。

とは言え、やっぱり、ほかの人がどのくらいお金を貯めているかは気になりますよね。実際のところ、どの程度の額なのでしょうか。

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。