このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

自然にお金が貯まる方法─本気で貯蓄をしたければ発想を変えよう

貯蓄を考える人の多くが、次のような方法を取ろうとします。

家計をやりくりして節約し、余ったお金を貯蓄にまわす

要するに、日々の生活でお金を浮かして、それを貯蓄していくと言う考え方です。

でも、この方法は失敗する確率が高いようです。
これを読んでいる人の中にも、この方法で貯められなかった人は多いでしょう。

その理由は簡単です。
この方法で毎月続けるのは、非常に難しいからです。

お金を浮かすの難しい

考えてみてください。
家計をやりくりするという方法だと、日々の出費を切り詰める事を意識しながら、生活をする事になるのです。

これって意外と、精神的に重圧がかかると思いませんか?
買い物をするたびに、少しでも浮かさなくてはと考えるのですから。

そういう生活を続けるのは、精神衛生上あまりいいことだとは思えません。

そして、まったく逆のタイプの人もいそうです。
お金が残っているとセーブできず、使ってしまいたくなる人だっていますよね。

なにしろ私達の生活では、お金を使う理由には事欠きません。

・ どうしても欲しい服がある
・ 友達に旅行に誘われた
・ 新しい家電が欲しくなった
・ 評判の良いレストランに行ってみたくなった

ちょっと考えただけでも、これだけ挙げることができます。

こういう欲求が持ち上がってくると、今月はダメでも来月がんばればいい、と節約よりも消費を優先する事につながるでしょう。
そして、この回数が増えていき、徐々に上手く行かなくなるのです。

○○をしてはいけないというルールを長続きされるのは大変なものです。

どちらのタイプにしろ、失敗する確率が高そうな気がしませんか?

今までうまく行かなかった方法で、突然うまく行く事は考えにくいはずです。
同じ失敗を繰り返すのがオチでしょう。

何か根本的な見直しをしないといけません。

発想の転換をしよう

そこで発想の転換をしましょう。
発想の転換と言っても、別に難しいことではありません。

給料が振り込まれたら、最初に一定額を貯蓄用の口座に移してしまえばいいのです。

そして、残ったお金でその月を暮らします。

このように書くと、順番が違うだけでやっている事は同じように感じるでしょう。
しかし、成功の確率は飛躍的にあがるはずです。

なぜなら、先にお金を抜いてしまうほうが、精神的に楽だからです。
これはちょっと想像するだけで、納得できるのではないでしょうか。

最初にお金を抜いてしまえば、普段使う口座にはお金が残っていません。
残っているお金が少なければ、無駄遣いは自然と避けようと思いますよね。

そして、残っているお金は使い切っても大丈夫だと言うのも、精神的には気楽です。

もちろん、貯蓄用の口座からお金を引き出す事は可能です。
それを、無駄遣いにまわす可能性はあります。

でも、普段使う口座から引き出す事に比べれば、ブレーキはかかりやすいはずです。
貯蓄用と思っている口座から引き出すのは、ちょっと抵抗ありますよね。

つまり、ずっと簡単に出費をセーブできるのです。

ちなみに、もう少し具体的な例を次のページで紹介しています。

次ページへ続く

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。