このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

自動的にお金が貯まる仕組みを作ろう│ 例えばこんな方法があるよ

自然にお金が貯まる方法」のページで書いたように、お金を貯めるには毎月の給料の一定額を貯蓄用口座に移す事が大事です。

このページでは、これを自動的に行う方法について考えてみましょう。
今回は投資信託を使った方法をご紹介します。

まず用意するのは住信SBIネット銀行の口座と、SBI証券の口座です。

この金融機関をおすすめする理由

SBI証券は、投資信託の取り扱い本数が多いことで知られています。
そして、一本あたり月々1,000円から投資信託の積立が可能です。

ですから、少ない予算でも、複数本の投資信託の積立をすることが出来ます。
投資信託を使って積立をしたい人には、理想的な証券会社と言えるでしょう。

そして、住信SBIネット銀行の口座は、SBI証券の口座と連動させる事が可能です。
連動させると言うのは、住信SBI銀行の口座に残高が残っていれば、その残高でSBI証券で投資が出来るのです。

今回の場合だと、住信SBIネット銀行に残高を残しておけば、SBI証券を使って投資信託の積立が出来るわけです。
ですから、給与の振込口座を住信SBIネット銀行にしておけば、積立を完全に自動で行う事が可能です。

例えば、月々2万円分の投資信託を買うように決めておけば、毎月2万円ずつ投資信託で積立が出来るわけです。

手続きは簡単

これを実際に行うためには、いくつかの手続きが必要です。
具体的には、次のようなステップを踏めばいいでしょう。

・住信SBIネット銀行とSBI証券の口座を開く
・給与の振込先を住信SBIネット銀行に変更する
・SBI証券で投資信託の積立の設定をする

大体このくらいでしょうか。
正直に言って、それほど大変な作業はありません。

住信SBIネット銀行は引き出しが無料

ここで一つ気になる点があります。

ネット銀行を給与の振込先にして、何か問題が無いのでしょうか。
特に入出金が不便でないか、気になるところです。

実はこれに関しては、全く心配が要らないようです。
住信SBIネット銀行の場合、郵貯銀行やセブンイレブンなどのATMをって引き出す事が可能なのです。

山間部に住んでいるようなケースは別にして、お金の引き出しに困る事は無さそうです。

しかも、この銀行はサービスが充実しています。

例えば、土日や時間外に引き出しても、手数料がかかりません。
あるいは、月3回までなら、振込み手数料も無料です。

更に言うと、メガバンクなどと比べると、金利が非常に高いようです。

ということで、普段使いの口座としては、全く問題が無いように思います。
むしろ積極的に使いたい銀行と言って良さそうです。

ちなみに、信用面でもメガバンクと比べて遜色はありません。
万が一倒産するようなことがあっても、ペイオフによって、元本1,000万円とその利息は保護されます。

この点でも問題は無さそうです。

住信SBIネット銀行の特徴に関しては、次のページにまとめました。
こちらも参考にしてください。

自動で出来るようにするのは大事な事

今回は、住信SBIネット銀行とSBI証券を使って、自動的に積立てる方法を紹介しました。
この方法に限らず、自動的に積立てる仕組みを作る事は大事な事です。

自動化することで、確実にお金を貯める事が出来るからです。
自分の作業がどこかにはいると、サボりたくなるのが人間ですからね。

今回紹介した方法を使うかどうかは別にして、自動で積立てられる仕組みが出来ないか考えてみてください。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。