このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

お金は増やすよりも貯める方が重要だし簡単

今持っているお金を増やすのと、新たにお金を貯めるのはどちらが効果的なのでしょうか?
簡単な例で考えて見ましょう。

金融資産を増やす為には、2つの方法が考えられます。
一つはお金を貯めることで、もう一つはお金を増やす事です。

問題は、お金は貯める事と増やす事のどちらに力を入れた方がいいか、です。

お金のことに避ける時間や労力は、ほとんどの人はそれ程多くありません。
効果的に対処する為に、優先順位はつけるべきでしょう。

とは言え、どちらを優先するかは、なかなか難しい問題のように思えます。
なぜなら、どちらに力を入れたほうがいいのか、判断基準がよく分からないからです。

そこで、このページでは、この点について少し考えて見ましょう。

人によってどちらに力を入れるべきかは違う

結論から言いますと、貯める方がいいか増やす方がいいかは、その人の状況によって違います。
現在の金融資産や、家族構成、世帯主の年齢などが影響してきます。

ですから、簡単にどちらに力を入れたほうが良いと言うのは難しいのです。

とは言え、どちらか決められないというお茶を濁したような言い方では何の参考にもなりません。
そこで一つ、分かりやすい判断材料をご紹介しましょう。

金融資産で判断するのが便利

貯蓄を優先すべきか増やす事を優先すべきかの判断材料の一つが、その人が持っている金融資産です。

金融資産を多く持っている人は、貯める事よりも増やす事に力を入れるべきです。
逆に、金融資産が少ない人は、貯蓄に力を入れるべきです。

なぜこんなことが言えるのでしょう。
それは、お金を増やすという行為は、スタート時点で金融資産を持っているかどうかで結果がぜんぜん違うのです。

金融資産が少ない人は増やす事が出来ない

金融資産を増やすというのはどういう事かというと、投資したお金を時間をかけて2倍3倍にする事です。

いわゆる投資をすると、1年で最大年7%前後はお金を増やす事が可能だと考えられます。

7%増やすというのはどういう事かというと、毎年7%のリターンがあるというわけでは有りません。
長期の平均を取ると、1年に7%増えるというイメージで捉えてください。

ちなみに、年平均7%というのはかなりのリスクを取ったケースです。
リスクを取るというのはどういうことかというと、結果にバラツキが出るということです。

次ページへ続く

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。