このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

お金は増やすよりも貯める方が重要だし簡単②│ 金融資産が少ないと投資の意味は小さい

1年後に大きくプラスになることもあれば、逆に大きくマイナスになる可能性もあるわけです。
繰り返しますが、その平均が7%程度になると期待されるわけです。

つまり無理をしても、やっと7%程度のリターンしか期待できないわけです。

投資額が100万円だと大きな効果は期待できない

上に書いたように、投資というのは手持ちの資産を年数%増やす行為です。
ですから、手持ちの金融資産の多い少ないが、結果に大きな影響を与えます。

ということは、手持ちの金融資産が少ない場合、投資の効果はかなり限定的になるわけです。
貧乏人は投資なんてしても、大した意味は無いということですね。

これを具体的な数字を挙げて見てみましょう。

仮に現在持っている金融資産が100万円しかないとします。
そして、これを年5%で運用したとしましょう。

この場合、1年間で5万円しか増やす事ができません。

この程度だったら、貯蓄を考えた方がよっぽど早いですよね。
月々1万円貯めただけでも、年間12万円貯めることが可能です。

しかも、5%のリターンを期待するのなら、大きく元本割れするリスクを取らないといけません。
1年後に資産が90万円になる事だって考えられるのです。

それだけ無理をして、やっと5万円増えるだけなのです。
これだったら、貯蓄の方が賢い選択ですよね。

もちろん、投資をして増やす事を考えてはいけないとは言いません。
でも、優先して考えるべきは貯蓄です。

運用する資産が1,000万円程度だったら併用するのが良いかなあ

もう少し金融資産を持っていると、話は違ってきます。

仮に運用する金融資産が1,000万円程度として、同様に考えてみましょう。
1,000万円を年5%で運用すれば、50万円の投資収益があります。

貯蓄で50万円増やすには、月々4万円以上貯蓄にまわさないといけません。
家庭の状況によりますが、標準的な貯蓄額と同水準でしょう。

ようするに、この程度お金を持っていれば、投資にも意味は出てきます。
ということで、数百万円から2,000万円の間ぐらいの金融資産だったら、貯蓄と投資は併用していくのが良さそうです。

貯蓄するだけの場合と比べて、2倍近いペースで増やす事が出来ます。

多くの家庭で貯蓄を最初に考えるべき

ここまで見てきたことから、ほとんどの家庭で最初に考えるべきなのは貯蓄だといえるでしょう。

お金を増やすべく資産運用するのは悪い事ではありません。
でも順番としては、貯蓄の後に運用を考えましょう。

特に、運用する資産が500万円を下回る世帯では、まず貯蓄です。
運用に頭を悩ますのなら、毎月確実に貯蓄できるような方法を考えましょう。

あるいは貯蓄額を増やす為に、節約方法や収入アップの方法を考えるのもいいかもしれません。

ただ節約に関しては、細かい節約を考えるのはおすすめしません。
生命保険や自動車保険などの保険や、車の保有、家の住み替えなどの、支出の大きいものから考えるようにしましょう。

これに関しては、次のページをご覧ください。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。