このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

積立てるなら株式じゃなくて投資信託にした方が良いかもね

前のページに書いたように、るいとうやワンコイン積立と言う仕組みを使えば、株式の積立は可能です。ただ、積立が可能と言うことと、積立てることが賢明かと言うのは別問題ですよね。

個人的には、るいとうなどを使って株式の積立をするのはあまり賢い選択ではないと思っています。なぜかというと、これらのサービスは手数料が高いんですよね。

株式の売買の手数料は以前に比べて大幅に下がりました。また、株式の売買単価も単元株の導入などにより下がっています。この状況で、高い手数料を払って積立てるメリットはあまり無いように思うのです。

投資信託の積立の方が良いんじゃないか

コストだけで考えれば、断然投資信託のほうが安上がりでしょう。保有期間にもよりますけどね。特にノーロードファンドを利用すれば、投資信託の積立自体には余計なコストはかかりませんからね。

どうしても株式で運用したい場合は、投資信託で積立てておいて、ある程度お金が貯まった所で株式に乗り換えれば良いでしょう。このほうがコストの面ではお得なはずです。

もちろん、運用方法としては投資信託を売ってETF などを利用する手もあります。投資信託で積立てておいて、ETF が買えるくらいまで貯まった所で投資信託を売却してETF を買っても良いわけですね。

将来的にどうやって運用するにしても、一旦投資信託で積立てると言うのは便利な方法だと思うんですけどね。少なくとも、金利のほとんどつかない銀行などに積立てるのに比べれば、遥かに優れています。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。