このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

子供の教育資金を保険(特に学資保険)で貯めるメリットは何だろう?

私立大学に進学すると、授業料や入学金などで子供一人につき400万円前後のお金がかかります。学部などによって、だいぶばらつきはありますけどね。大学による差もありますし。

何にしても、数百万円単位の額がかかるということですから、事前にある程度の準備は必用でしょう。

子供の大学進学費用を貯めるための金融商品の候補として、生命保険の利用が考えられます。貯蓄型の生命保険を使うわけですね。

ちなみに、教育資金というと学資保険(こども保険とも言います)を考える人が多いでしょう。1 しかし以外の生命保険で積立てることも可能です。保険の営業が学資保険よりも有利だと、違う保険を勧めることもあるようですね。

ところで、学資保険を使って積立てるメリットは何なのでしょうか?わざわざ保険を使うからには、他の金融商品には無いメリットがあるはずですよね。

夫の死亡に備える事が出来る

教育資金の貯蓄に保険を使う最大のメリットは、夫の死亡に備えられるという点でしょう。

多くの家庭では、夫の稼ぎが一番多いはずです。ですから夫が若くして亡くなるようなことがあると、家計は困ってしまいますよね。夫が無くなったために子供が大学進学を諦めた、なんて話を聞いたことがある人もいるでしょう。

しかし、保険を利用した場合、こんなケースにも備えることが出来るのです。

例えば学資保険の場合、夫が死亡したらそれ以降の積立は必要なくなります。もちろん、満額の保険金も払われますから、大学進学の費用の心配が要らなくなるわけです。夫の生死にかかわらず、同じ保険金が支払われるわけですね。

ちなみに、上の説明では一般的なケースとして、夫の死亡に備えるという書き方をしました。もちろん、妻の方が稼ぎが多かったりするケースでは、妻の死亡に備えることも有り得ます。

学資保険の比較

学資保険に興味がある人は、次のサイトをチェックしてみてください。一覧形式で比較しやすいサイトです。

医療保険比較の保険市場

上記サイトで、「学資」のタブをクリックしてください。複数の学資保険が比較できます。


  1. 教育資金は学資保険を使って貯める人が多いらしい []

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。