このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

大学の学費はいくらと見積もれば良いのでしょう?

子供が生まれた時に、子供の教育費の準備を考える人は多いでしょう。特にまとまった額が必要な大学の進学費用は、早めに考えておきたいという人が多いはずです。

学費の準備を始めるために必要なのが、トータルでいくらかかるかと言う見積もりです。貯蓄する総額が決まらないと、計画の立てようがありませんから。

現在の平均だと私立大学の場合、大学の4年分の学費と入学金を合わせると400万円くらいでしょう。その他の費用も含めると500万円台くらいでしょうか。

自宅から通学する確率が高い場合、このあたりの金額が一つの目安になりそうです。自宅から大学に通うのが難しいような地域なら、子供の生活費も考えないといけないですけどね。

インフレも考慮しよう

これだけだったら、話はとても簡単です。総額が決まってしまえば、月々の貯蓄額も決めやすいですよね。

でも、実際はそれほど簡単ではありません。なぜなら物価は、時間の経過とともに変動するからです。つまり子供の大学入学時には、現在とは学費がぜんぜん違う可能性があるわけですね。

なにせ、今生まれた子供が大学に入るのは18年以上先の話です。今の物価で500万円必要だからと言って、その当時の学費も500万円というわけではありませんよね。金額が変わっていない方がおかしいのです。

常識的に考えれば、ある程度のインフレが起こり、500万円よりも大きな額が必要になっているはずなのです。ですから、私たちは、そのインフレも見越して計画を立てる必要があります。

でも、実際にどの程度のインフレが起こるかなんて、誰にも予想できません。ですから、具体的にな貯蓄額の目標を立てるのは、非常に難しいのです。

1.5倍程度を目指すのが現実的でしょうか

仮にインフレが年2%で起こったとすると、物価は1.43倍になります。余裕を持って準備をしたいのなら、現在の学費の1.5倍程度をめどに考えるとよさそうです。

まあ、実際にどの程度かかるかは、大学に入って見ないと分かりませんけどね。私立大学でも一部の理系の学部の学費は高いです。医学部だと桁が違うこともありますしね。逆に、国公立大学ならずっと学費は少なくて済みます。

どの程度の余裕を持たせるかで貯蓄額は変わってきます。

まあ、目安として、600万円から800万円を考えておきましょう。そのあたりを目標に考えておけば、インフレがあってもある程度対応可能だと思います。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。