このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

住信SBIネット銀行が倒産したらハイブリッド預金はどうなるの?

もし住信SBIネット銀行が倒産するようになった場合、ハイブリッド預金の取り扱いはどうなるのでしょうか?

仮に銀行が倒産するようなことがあっても、普通預金や定期預金というのはある程度守られています。元本1,000万円とその利息に関しては、その部分に関しては保険が適用されるのです。

これを預金保険制度と言います。預金保険制度と言うよりも、ペイオフと言った方が馴染みがある人も多いかもしれませんね。

厳密に言うと、預金保険制度とペイオフは全く同じものではありませんが。まあ、細かい部分は良いとしましょう。

とにかく、少なくとも元本1,000万円とその利息までは守られていると言うのがポイントです。

しかし銀行が扱う商品でも、この仕組みで守られていない金融商品も存在します。有名な所では、外貨預金がそうですね。

銀行が倒産すると、外貨預金が1円も戻ってこない可能性もあります。銀行の救済が有るか無いかで結果は違うでしょうけどね。

ハイブリッド預金はどうなのだろうか?

さて、ここで気になるのが、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金の取り扱いです。ハイブリッド預金は預金保険制度で守られているのでしょうか?

住信SBIネット銀行のサイトを見ると、どうもハイブリッド預金は預金保険制度で守られているようです。サイトのQ&Aから引用してみましょう。

SBI ハイブリッド預金は預金保険制度の対象ですか?

SBI ハイブリッド預金は元本保証があり預金保険制度の対象です。

預金保険制度の対象となり保護されるのは、代表口座と目的別口座でお持ちのすべての円預金 (SBI ハイブリッド預金、円定期預金、円仕組預金を含む) を合算して、元本1,000万円までとその元本に対する利息(※)です。元本1,000万円を超える部分については、破綻時の財産状況に応じて支払われます。

ということで、銀行の倒産ということに関しては、ある程度安心して良さそうです。もちろん、1,000万円を超えるようなお金を口座に残しておく人は、気をつけないといけませんけどね。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。