このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

老後の貯蓄に向いた商品にはどんなものがあるのだろうか?

金融商品の中には、老後の資金を貯めるのに特化したものが存在します。また、そんな老後向けの商品の中には、税制上の優遇措置があるものも多いです。

具体的にどんな貯蓄商品があってどんな優遇があるのでしょうか。簡単にいくつか見てみましょう。

確定拠出年金

老後資金を準備するための金融商品で一番おすすめできるのが、確定拠出年金です。

確定拠出年金は、大雑把に言うと、投資信託の積立のような商品です。しかし、投資信託と大きく違うのが、税金の優遇措置があることです。しかもこの優遇措置は、かなり大きなものです。

老後資金を準備するための金融商品には、何かしらの税制上の優遇があるものが多いです。ただ、それらの金融商品の優遇措置と比べても、確定拠出年金の優遇措置はずば抜けているのです。

具体的にどの程度有利かを示すのはちょっと面倒なので省略します。ただ、一般的には、年間の数万円程度の減税がある人が多いと考えて良いでしょう。積立額や年収によって、額にはかなりの開きが出ますけどね。

何にしても、普通に投資信託を積立てるのに比べれば、かなり有利な制度だといって良いでしょう。

国民年金基金

国民年金基金は、国民年金の上乗せと言うイメージの金融商品です。毎月保険料を払うことで、将来受け取れる年金額が上乗せされます。

税制上の優遇と言う意味では、国民年金基金は、確定拠出年金と同じくらい有利な制度です。具体的な減税額はケース・バイ・ケースですが、数万円程度の節税が出来ることが多いでしょう。

ただ、この制度は利用できる人がそれほど多くありません。利用できるのは、第1号被保険者に限られるのです。

第1号被保険者と言うのは、主に自営業者やフリーターが分類される公的年金の区分ですね。ということは、多くのサラリーマンは利用できないと言うことです。また、サラリーマンの妻なども原則としては利用できません。

ですから、多くの人は国民年金基金を利用できないのです。有利な制度だと思うのですけどね。

まあ、使える環境にある人は、検討してみても良いでしょう。

個人年金保険

生保会社の個人年金保険も、老後の生活資金を準備するための貯蓄型の保険です。契約時点で受け取れる年金額が決まっている定額タイプと、運用次第で年金額が変わってくる変額タイプがあります。

この個人年金保険も、確定拠出年金のような税制上の優遇があります。しかし、個人年金保険の減税額は、確定拠出年金などと比べるとかなり小さいものです。

所得などによって正確な額は異なりますが、せいぜい年間数千円といった所でしょう。生命保険会社が受け取る手数料などを考えると、有利かどうかは微妙な所です。

この他にもいくつかの商品がある

この他にも老後資金を貯める他の商品と言うのは存在します。そして、税制上の優遇措置が設けられているものもあります。

老後のための貯蓄を考えるときには、税制上有利な商品が使えないかどうか考えてみるのも大事な習慣かもしれません。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。