このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

貯蓄の達人(みずほ信託銀行)を例に金銭信託についてチェックしてみよう

前のページで信託という仕組みの中には金銭信託と呼ばれるものあることを簡単にご紹介しました。ただ、抽象的な書き方だとイメージが湧きにくいと思うので、このページでは具体的な商品を例に考えてみましょう。

具体的にはみずほ信託銀行の貯蓄の達人という商品を見てみましょう。預金金利に当たる配当が、比較的良い金銭信託です。

あ、ちなみに、特にこの金銭信託をおすすめするわけではありません。たまたま見つけた商品と言うだけです。

「貯蓄の達人」の特徴

さて、まずこの商品がどんなものか見ていきましょう。

みずほ信託銀行のサイトによると、「実績配当型の金銭信託」なのだそうです。顧客の資産を運用して配当を出すことを目指すのですが、運用如何で配当金が変わるということですね。もっというと、元本割れも考えられるという商品です。

この信託が具体的にどんな運用をするかというと、次のようなもので運用するそうです。

主に自動車ローンやショッピングクレジット債権、住宅リフォーム資金の貸付金、住宅ローンなどを裏付資産とした信託受益権などに投資

凄く大雑把に言うと、ある程度信用できそうなところにお金を貸し付けるという運用をします。投資家からお金を集めてきて誰かに貸すと言う意味では、銀行預金と似ていますね。配当が実績と言うのが大きく違う点ですけどね。

ちなみに、実際どのくらい儲かるかですが、「予定配当率」という数字が示されています。これはあくまで予定ですが、一つの目安にはなりますね。

これを書いている時点では、予定配当率は次のようになっています。

●1年
10万円以上1,000万円未満:0.18%
1,000万円以上:0.28%

●2年
10万円以上1,000万円未満:0.24%
1,000万円以上:0.34%

●5年
10万円以上1,000万円未満:0.35%
1,000万円以上:0.45%

普段、銀行の預金金利に興味が無い人にはわかりにくいかもしれませんが、これはなかなか良い条件だと考えて良いでしょう。少なくとも、メガバンクの定期預金などと比べるとはるかに良い条件です。

例えば、みずほ銀行のスーパー定期に300万円未満で2年預けた場合、金利は年0.030%しかつきません。「貯蓄の達人」の予定配当が1,000万円未満で0.24%ですから、同じ期間のみずほ銀行の定期預金だと8分の1でしかないのです。

ただ、住信SBIネット銀行の定期預金と比べると、ビックリするほどの差とは言えないようです。住信SBIネット銀行の2年定期の金利は、100万円未満の場合でも、年0.170%と言う金利がつきます。もちろん、「貯蓄の達人」の方が条件は良いですが、大きな差とはいえないでしょう。

そもそも「貯蓄の達人」の配当は、あくまで予定です。実績次第ではどうなるかは分かりません。元本保証ですらありません。

その一方で、住信SBIネット銀行は定期預金ですから確定なのです。そう考えると、私だったら、住信SBIネット銀行の定期預金を利用したいですね。

個人向け国債とも比較してみよう

せっかくですから、個人向け国債とも比較してみましょう。今度は5年契約の方で考えてみます。

まず、個人向け国債を使って資産を5年間運用する場合は、2つの方法があります。一つは5年物の個人向け国債を買うことで、もう一つが10年物の個人向け国債を5年で売ることです。

個人向け国債の特徴は、決められた手数料を支払うことで、元本割れすることなく期間の途中で売却できることです。ですから10年物の個人向け国債を買っておいて途中で売却する方が有利なこと多いのです。

ちなみに、これを書いている時点での直近の個人向け国債の金利(年率)は、以下のようになっています。

●個人向け国債
5年物:0.17%
10年物:0.48%

●貯蓄の達人(5年)
10万円以上1,000万円未満:0.35%
1,000万円以上:0.45%

これを見ると分かるように、5年物の個人向け国債と比較した場合は「貯蓄の達人」の方が有利です。国債は圧倒的に信用力があるとは言え、金利にこれだけ差があると、「貯蓄の達人」を使うことにも魅力を感じます。

しかし、10年物と比較した場合は、個人向け国債の方が若干有利です。

ただ、上に書いたように、10年物の個人向け国債を5年で解約した場合は手数料を取られます。その結果どうなるかというと、金利は年率で0.384%になります。

ということは、1,000万円未満なら個人向け国債の方が有利で、それ以上なら金利の面だけで考えると「貯蓄の達人」の方が有利ということが言えそうです。

でも、この程度の差なら、個人向け国債を選びますよね。「貯蓄の達人」は実績配当ですから、これよりもリターンが小さいことも十分に考えられるからです。

10年物の個人向け国債についての補足

ここで個人向け国債に関してちょっと補足をしておきましょう。5年物の個人向け国債は固定金利の商品なのですが、10年物の個人向け国債は変動金利の商品です。

ですから、今後金利が下がる可能性が無いわけではありません。もちろん、逆に、金利が上がる可能性もあります。

現実的には、今の低金利からさらに金利が下がるとは思いにくいですけどね。まあ、可能性としては無い話ではありません。何にしても、知識としてはおさえておく方が良いでしょう。

ちなみに、どんなに金利が下がったとしても、個人向け国債の10年物は元本割れすることはありえません。その点は心配が要りません。

一見有利そうだから契約する人もいるでしょうけどね

最初の条件を見ると、「貯蓄の達人」は一見有利な商品に見えます。ですから、契約する人も多いのかもしれません。でも、ここまで見てきたように、「貯蓄の達人」金利が近いのに安全性が高い商品も存在します。

そう考えると、「貯蓄の達人」を使うことは避けておいた方が良い商品かもしれませんね。私だったら、住信SBI銀行の定期預金だったり、個人向け国債だったりを使います。

知識を持つことは大事だと、改めて考えさせられる例でした。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。