このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

地方債には「暗黙の政府保証」がついているから安心?

債券への投資が難しいのは、リスクとリターンの関係が適切なのか判断するのが難しいからです。債券を発行する企業などの債務不履行のリスクに対して、利率が適正かどうかが判断し辛いのです。特に素人には、この判断はほとんど不可能でしょう。

ですから国債は別にして、社債や地方債は避けておいた方が良いと考える人もいるわけです。出来ないことはやらない方が良いというスタンスですね。

社債に関してはこの通りなのでしょう。しかし地方債に関しては、違った見解を持っている人もいるようです。地方債は「暗黙の政府保証」があるので安心だという意見があるのです。

「暗黙の政府保証」って何だ?

地方債には暗黙の政府保証があるといわれています。この政府保証のために、小さい自治体が発行する地方債でも安全であると考えている人がいるようです。

暗黙の政府保証というのはどういうものでしょうか。参考になるレポートがあったので、ちょっと引用してみましょう。ちょっと古いものですけど。

日本では,地方債を取り巻く諸制度が地方債の信用力をサポートし,中央政府が「暗黙の政府保証」を与えているため,地方公共団体間に信用力格差はないと説明されている。この諸制度とは,①起債許可制度,②地方債計画,地方財政計画および財投計画,③財政再建法による財政再建のシステム,④地方交付税制度である。1

凄く大雑把に言ってしまうと、そもそも地方債の発行には国の許可が必要です。その上、地方の財政は国と一体になって決めている部分もあります。ですから、当然、政府が最終的な責任を負うというような考え方です。

野放図に発行される国債に比べ、抑制的な態度を取っている分、地方債の方が安全だという人すらいるようですね。

こういった理屈を信じるのなら、国債よりも金利が良い地方債は、積極的に活用していくべきでしょう。

格付け機関の評価は違う

ただ、この考え方に疑問が無いわけではありません。

そもそも上の理屈で行くと、地方債の信用力ははどこも同じということになります。最終的に政府保証がついているのなら当然ですよね。

しかし、格付け機関の評価は、必ずしもそういうことではないようです。地方債に関しては、債券ごとに評価が異なっています。

少なくとも、格付け機関は、違った見解を持っているわけです。

金利も異なる

また、発行体によって、新規発行の地方債の利回りに差があります。これは、市場は必ずしも全ての地方債が同じ信用力だと考えていないと言うことですね。

まあ、あくまで「暗黙の政府保証」ということです。明示的なものではないということですね。

本当に政府保証があるのかどうかは、地方債を発行している自治体がつぶれてみないと評価が出来ないということです。

  1. ■ 地方債の信用力(農林金融2004・1) []

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。