このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険を使ってお金を貯めるメリットは?

世の中には様々な金融商品がありますが、生命保険もそんな商品の一つです。このページでは、生命保険を使ってお金を貯めるメリットについて確認してみましょう。

積み立てができる

生命保険を使ってお金を貯める大きなメリットの一つは、積み立ての機能を使えることでしょう。貯蓄型の生命保険というと、学資保険や養老保険、個人年金保険などの商品が代表的です。これらの商品では、保険料の払い込みとして、積み立てを使うのが基本です。

もちろん、保険料の一括払いができないわけではありませんが、割合としては月払いや年払いの形で分割して払う人が多いはずです。

積み立てができることで、長期に計画的にお金を貯めることができます。コツコツ貯蓄をしたい人には良い方法でしょう。

10年を超える運用に向いている

銀行の定期預金だと、運用期間は長くてもせいぜい10年程度です。個人向け国債も10年が最長です。となると、10年を超えるような運用の場合は、別の運用先を探す必要が出てきます。

その点生命保険なら、10年を超えるような商品を探すのも難しくはありません。ということは、10年を超えるような運用には向いていると言えるかもしれません。

長期の商品だと、当然ですが予定利率は高めに設定されます。運用利回りが高いメリットが享受できるわけです。

目的別の貯蓄がしやすい

生命保険の特徴の一つは、目的別の商品があることです。個人年金保険なら、老後資金を準備するための商品であることは明らかですよね。しかも、年金形式で受け取れるので、受け取りと言う意味でも使い勝手はいいのです。

学資保険も貯蓄したお金の使い道は明らかですよね。基本的には子供が大学に進学したときのためのお金です。

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。