このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

債券の最終利回りを計算してみよう

債券は発行してしばらくしてから市場で買うことがあります。また、償還まで待たずに市場で売ることも可能です。ちなみに償還と言うのは、債券を発行しているところに買い戻してもらうことですね。

このページでは、債券の利回りを計算してみましょう。

最終利回りを計算しよう

今回計算するのは最終利回りという利回りです。最終利回りというのは、市場から債券を買って、償還まで債券を持っていた場合の利回りのことをいいます。

ちなみに日本の場合は、なぜかは知りませんが、債券の利回りは単利で計算することになっているようです。計算が容易ということなのでしょうか。

実際に計算してみましょう

それでは具体例を使って最終利回りを計算してみましょう。3級FP技能検定である個人資産相談業務で出題されていたものです。

  • 購入価格 :101.5円(額面100円当たり)
  • 表面利率 :年1.2%
  • 残存期間 :4年

今回のケースだと、額面100円に対して1年で1.2円の利益があります。ということは、4年で4.8円の利益がある事になります。

また、額面100円の債券を101.5円で買っているので、この部分に関しては額面100円当たり1.5円の損が出ています。

ということは、4年間で額面100円当たり3.3円(= 4.8円 - 1.5円)の利益が出ています。つまり、1年あたりの利益は0.825円ということになります。

今回のケースでは、額面100円の債券を101.5円で買っています。つまり、101.5円で買ったものに対して0.825円の利益が出ているということですね。

0.825を101.5で割って100をかけると、単利の利回りが約0.81%と算出できます。

基本的に同じように計算できます

債券の利益を求める時には、様々なパターンがあります。

今回計算したのは、市場で買って償還までもつケースです。それ以外に、市場で買って市場で売るというパターンもあります。あるいは、発行された債券を買って、市場で売るパターンもあります。

でも、基本的な考え方は同じです。額面あたりの1年あたりの利益を出して、それを購入価格で割るだけです。

基本はこれだけなので、覚えておきましょう。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。