このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

短い期間の資産運用はどうしたら良い?

例えば1年後に使うことが確実な100万円が手元にあったとします。金額的には車でも買うためのお金でしょうか。

このお金、どのように運用するのがいいのでしょうか。というか、そもそも運用する必要があるのでしょうか。

ちょっと考えてみましょう。

メガバンクの定期預金だとどの程度増える?

まず、メガバンクの定期預金で運用した場合を見てみましょう。これを書いている時点のみずほ銀行の1年定期の金利は、0.025%です。と言うことは、100万円を預けると1年後には250円増える事になります。正確に言うと、これに税金がかかります。

率直に言って、250円しかリターンが無いのなら、わざわざ定期預金なんて作りたくないですよね。はっきり言って、銀行に出向くだけでも時間の無駄です。ということで、この選択肢は除外してよさそうです。

ネット銀行の定期預金ならどうだろう

次に、ネット銀行の定期預金ならどうでしょうか。これを書いている時点の住信SBIネット銀行の1年物の定期預金の金利は0.250%です。偶然ですが、みずほ銀行の10倍の金利がつくのです。

ということは、税金を考慮しないと、1年で2,500円の利息がつくわけです。このくらいの利息がつくのなら、時間をかけても定期預金を作る価値はありそうです。

2,500円なんて細かい額は気にしていられないというのなら、そのまま普通預金の口座に入れておいてもいいとは思います。

外貨建ての商品は選んではいけない

ちなみに、1年程度の運用期間だと、外貨預金などの外貨建ての金融商品はおすすめできません。

そもそもお金の使用目的が決まっていれば、為替変動があって元本割れをしたら困ってしまいますよね。でも、外貨建ての金融商品をすすめない理由はそれだけではないのです。

外貨建て商品の場合は為替の手数料が大きいので、ある程度長期で運用しないともったいないのです。1年の運用だと、利息以上に為替の手数料がかかることも珍しくないでしょう。

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。