このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

かんぽ生命には死亡保障が手厚い養老保険がある

貯蓄型の生命保険の代表と言えば、何といっても養老保険でしょう。ところで、かんぽ生命の販売する養老保険は、ちょっと変わった特徴があるようです。

このページでは、かんぽ生命の養老保険の特徴的な部分を紹介し、利用価値があるかどうかを考えてみましょう。

「満期保険金 = 死亡保険金」でないタイプの養老保険がある

一般的に養老保険というのは、「満期保険金 = 死亡保険金」という特徴を持っています(満期保険金に関してはこちら)。契約満了まで被保険者が生存していても、契約満了までに被保険者が亡くなっても、同じ保険金がもらえると言うのが特徴なのです。

かんぽ生命の養老保険にも、もちろんこのタイプのものもあります。しかしそれだけでなく、「満期保険金 < 死亡保険金」というタイプも用意されているのです。新フリープラン2倍保障型、5倍保障型、10倍保障型の3種類です。

名称から想像がつくと思いますが、例えば2倍保障型だったら、死亡保険金は満期保険金の2倍になります。要するに、満期保険金に比べて死亡保障の部分が手厚くなっているわけです。

ということは、10倍型は死亡保険金が10倍ということですね。満期保険金が500万円なら5,000万円の死亡保険金がついてくることになります。

もちろん、 保障が手厚くなっている分だけ、保険料も高くなっているはずですけどね。

養老保険で死亡保障を手厚くする必要があるのか?

かんぽ生命の新しいタイプの養老保険の利用価値ですが、率直に言ってよくわかりません。というのも、養老保険って一般的には、貯蓄目的ではいるものですよね。そして養老保険の死亡保障というのは、被保険者に万一のことがあっても満期保険金と同額は確保できるようにする目的のはずです。

そういうタイプの保険で、死亡保障を手厚くして、何がしたいのでしょうか。まったく持って意味がわかりません。

どうしても死亡保障が必要なら、養老保険とは別に定期保険にでも入ればいいだけの話です。というか、かんぽ生命の新しいタイプの養老保険は、従来の養老保険と定期保険が組み合わさっただけなんですよね。そう考えると、特に目新しいものでもないのかも。

「普通の養老保険 + 定期保険」の方が使い勝手が良いような気がする

しかも、こうやって組み合わせることによるデメリットも存在します。現金が必要になって養老保険を途中で解約したら、手厚い死亡保障の部分もなくなってしまうのです。そうなると、死亡保障の部分に関しては、新しい保険に入りなおさないといけません。

でも、生命保険っていつでもは入れるようなものではありませんよね。年齢が上がれば病気になって契約を断られる可能性だって大きくなります。

こうやって考えてみると、率直に言って、使い勝手は悪そうな印象です。普通の養老保険と定期保険を別々に入ったほうがよさそうに思うのです。

それとも、何か上手な使い方は存在するのでしょうか。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。