このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

金利と利率の違いは何?

金利と利率は非常に似ている言葉です。というか、同じ意味で使われることも多いです。

ただ、明確に異なった使われ方をすることもあるようです。そのあたりを簡単に確認しておきましょう。

利率とは

まず、利率の意味から確認しておきましょう。金利に比べて利率という言葉の方が定義が細かいです。

利率というのは、元本に対する利息の割合を示す言葉です。例えば元本100に対して利息が1だったら、利率は1%ということですね。

期間を考えるのが重要

利率を考えるときに重要なのが、どの程度の期間に対する利息の割合なのかという点です。

例えば、1年間につく利息の割合という意味で、年利という言葉を使います。1年で元本100につき1のリターンがあれば、年利1%ということですね。

あるいは、1日につく利息の割合は日歩(ひぶ)と言われます。

ちなみに、特に断り無く利率という場合は、年利をさすのが一般的です。つまり、「利率」という言葉が「年利」を指す場合もあるという事ですね。

金利とは

金利というのは、実は非常にあいまいな言葉です。ですから、文脈でどういう意味かを判断する必要があります。

まず、利率という意味で使われることもあります。例えば預金で「金利3%」などと書いてある場合は、利率という意味ですね。特に年利を指しています。

また金利は、利息という意味で使われることもあります。例えば、「住宅ローンの返済で全部で1,000万円の金利を払った」なんて言い方もします。あるいは、「毎年1万円の金利収入がある」みたいな言い方もします。ここで使っている「金利」は「利息」で置き換え可能ですね。

このように「金利」という言葉は、2つの意味で使われることがあります。ただ、意味合いは文脈で判断することが可能ですから、普通は誤解することは無いでしょう。

「利率」「利息」という方が望ましいでしょう

ただ、投資のパフォーマンスを議論するときには、利率という言葉を使ったほうが良いかもしれません。そのほうが誤解が無いはずです。

また、利息という意味で使うときも、利息というべきでしょうね。「金利=利率」だと思っている人も少なからずいるでしょうから。誤解を避ける言い方をするのが大事でしょう。

金融機関でも扱いはいいかげん

厳密な定義は上で示した通りです。しかし実際には、「利率」よりも「金利」の方が頻繁に使われるようですね。

例えば、銀行のサイトの中でも、利率よりも金利という単語が使われているようです。その証拠に、Google で「金利」で検索してみると、次のようなページが見つかります。

  • 金利一覧-ゆうちょ銀行
  • 円預金金利 | 三菱東京UFJ銀行
  • 金利のご案内 – 円預金|住信SBIネット銀行
  • 金利情報 | 関西アーバン銀行

メガバンクからネット銀行まで、一般向けには「利率」ではなく「金利」という言葉を使っているわけです。

ちなみに、横浜銀行のように「利率一覧|横浜銀行」という使い方をしている銀行も一部ありました。ただ、圧倒的に少数派のようです。

分かりやすさを優先するなら、金利なのでしょうね。意外と難しい問題なのかもしれません。もしかしたら、各銀行が適当に言葉を選んだのかもしれませんが。

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。