このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

債券の額面金額はいくらから投資できるかの目安を示す金額

債券には額面金額という金額があります。額面金額は、債券の券面に記載されています。

この数字が何を表すかというと、最低の申し込み単位をあらわします。例えば、額面金額が5万円の債券があったとしたら、約5万円から投資できるということです。この5万円が最低単位で、これの2倍とか5倍とかいった感じで投資が出来るわけです。

また、額面金額は償還のときに支払われる金額でもあります。額面5万円の国債なら、償還のときに5万円が支払われるということですね。

ちなみに額面金額は債券によって違います。利付国債だと額面金額は5万円が多いです。個人向け国債だと額面金額は1万円です。社債の場合はまちまちです。100万円とか1億円とかいろいろあります。

ちょっと理解が難しいのは、必ずしも額面金額で債券が買えるわけでは無いということです。発行時でも額面価格では債券は買えません。

発行するタイミングに売り出される価格のことを発行価格と言います。額面100円当たり○○円という書き方でかかれます。ですから、発行価格98.29円という債券があったとしたら、額面よりも2%程度安く売り出されたことがわかるわけです。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。