このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

債券の発行価格って何?額面金額とどう違うの?

前のページで見たように、債券の額面金額というのは、債券をいくらくらいで買えるかの目安になる数字でした。額面金額5万円の債券なら、5万円くらいから投資が出来るということです。

逆にいうと、額面金額が5万円の債券でも、実際に発行されるときの価格は5万円では無い事も多いということです。例えば、5万1000円だったり、4万9000円だったりすることもあるわけですね。

実際に発行されたときの価格を現すのが、発行価格です。これは額面100円あたりの数字で表すのがルールになっています。

例えば、額面金額100万円の債券があったとします。しかしこの債券は、実際には100万1000円で売り出されたとします。額面100円あたりの価格を現すのが発行価格ですから、発行価格は100.10円となるわけです。

ちなみに、発行価格が額面と同じ100円の場合パー発行と呼ばれます。また、発行価格が100円未満の場合をアンダー・パー発行、100円を超える場合をオーバー・パー発行といいます。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。