このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

債券の表面利率は額面金額に対する利率

債券に関する解説書や債券の資料を読んでいると、表面利率という言葉を見かけることがあります。とても重要な用語なので、正確に理解するようにしましょう。

まず正確な定義を見てみましょう。財務省のサイトでは、表面利率について次のように説明しています。

「表面利率」は「利率」または「クーポンレート」とも呼ばれ、利付債について半年毎に支払われる利子の大きさを表すものです。具体的には、固定利付債は額面金額に対する1年分の利子がパーセント表示で示されており、例えば額面金額100万円につき1年間に2万円(半年毎に1万円ずつ)の利子が支払われる場合、表面利率(利率、クーポンレート)は2%となります。国債の表面利率は、その国債が発行された時の市場の実勢により決定され、償還まで変わりません。

なんだかわかりにくい説明ですね。頭が良い人の文章って言うのは、どうも読みにくくていけません。

要するに表面利率というのは、額面金額に対して何パーセントの利息が1年で戻ってくるかという数字です。例えば、額面5万円の債券で、1年間の利息が500円だったとします。このとき、表面利率は5%となるわけです。

とりあえず、こんな理解で良いでしょう。

財務省のサイトの説明にもあるように、表面利率は「利率」または「クーポンレート」とも呼ばれます。この呼び方もあわせて覚えておきましょう。

表面利率は実際の利回りでは無い

表面利率に関して大事なポイントは、表面利率と実際の利回りは異なると言う点でしょう。

上で説明したように表面利率というのは、あくまで額面金額に対する利率です。しかし前のページで見たように、発行価格と額面金額はことなる場合も多いです。また、既発債の取引価格も発行価格とは異なるのが普通です。

ですから、表面利率だけを見て損得を論じることは出来ないわけです。特に超長期の国債の場合、発行価格と額面金額が大きく違う場合もあるようです。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。