このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

公募債と私募債(縁故債)の違いは誰?

債券には様々な分類方法がありますが、公募債と私募債という分類方法もあります。具体的にどんな分類なのか、簡単に見てみましょう。

公募債とは

不特定多数の一般投資家が投資できる債券のことです。ちなみに、不特定多数というのは、50人以上を指すようです。

この定義からわかるように、私たちが買える可能性があるのが公募債です。

私募債とは

私募債は縁故債とも呼ばれます。縁故債という名前からわかるように、特定少数の人に対して発行される債券です。ということは、縁故が無ければ投資することは出来ません。

一応分類はありますが

一応上のような分類はありますが、率直に言って、それほど気にする必要は無いでしょう。なぜなら、私募債は私たちの目に触れることはまずないからです。

上のような分類が重要になるのは、債券を発行する側の人です。企業で社債の発行を担当することになったら、公募債にするか私募債にするしか決めないといけませんからね。それに、私募債にするなら、誰に債券を買ってもらうかも決めないといけません。

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。