このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

銀行が預金金利を引下げ| 公的資金や税制の優遇を受けた恩は忘れちゃったのね

日銀のマイナス金利政策を受けて、一部の銀行が預金金利の引き下げを行うようです。例えば、毎日新聞の記事によると、次のような引き下げがあるようです。1

  • りそな銀行:2~5年満期の定期預金の金利を年0・025%と0.005~0.025ポイント引き下げ
  • 横浜銀行、八十二銀行:1年以下の定期預金金利を年0.025%から0.020%に引き下げ
  • ソニー銀行:普通預金金利を年0.020%から年0.001%へと引き下げ

恩をあだで返すとはこのことか

率直に言って、これってかなり酷いですよね。

多くの銀行は、不良債権問題の処理で、公的資金を入れてもらっているはずです。国民の税金で助けてもらった過去があるわけですね。

それにもかかわらず、自らの利益最優先で預金者の利息を奪っているわけです。恩知らずにも程があります。

しかも、そのときの損失のがあるので、利益が出ても税金を払っていないところが多いんですよね。

ちょっと考えられませんね。こんなことをしていると、批判が出ても不思議ではなさそうです。

とりあえず大手はりそな銀行だけですが、先行して下げた銀行の様子を見て、預金金利を下げてくるかもしれません。

各行が金利を下げるような動きがあると、世論の反発もありそうですね。

個人向け国債を買いましょう

もっとも、そもそも銀行の預金というのは、たいした利息はつかない商品です。銀行預金を使うくらいなら、個人向け国債でも買った方がよっぽど有利なんですよね。

2年以上使わないお金なら、10年物の個人向け国債を使ってみてはいかがでしょうか。解約ペナルティを考慮しても、銀行預金と比べてかなり有利なはずです。

薄情な銀行なんかを使うより、国債を買うことをお勧めします。どうせ銀行も、国債で運用しているわけですし。


  1. <マイナス金利>預金利息引き下げ 国債利回り過去最低
    毎日新聞 2016年2月1日 []

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。