保険料は上がる可能性がある

通常、生命保険は一旦契約すると、保険料が上がることはありません。
しかし一部の保険では、保険料が上がることがあります。

これが負担になり、家計が厳しくなる人もいるようですよ。

更新型は保険料が上がる

保険料が途中で上がるのは、更新型と呼ばれる契約をした場合です。
更新型というのは、名前の通り、一定の期間が過ぎたあとに契約を更新するタイプの保険です。

例えば、定期付終身保険という保険は、終身保険に定期保険が付いた保険が該当します。
この保険の定期部分は、10年や15年などの期限を区切ったものであることがあります。

定期部分の期限が切れたあとはどうなってしまうのでしょうか?
その場合は、定期保険の契約が切れる段階で自動的に更新されるのです。

問題は、この更新のタイミングで、保険料が変わるという点です。
最初の契約の段階では、被保険者は若いですから保険金に対して保険料は安くなります。

しかし、10年後の契約では、被保険者は当然10歳年を取っていますからその分保険料が上がるのです。
30歳で10年間の定期保険に入った場合と、40歳で10年間の定期保険に入った場合では保険料が違うのは当然ですよね。

保険料は更新のたびに上がり続け、家計を圧迫する要因になり得ます。
例えば、最初30歳で入り、次に40歳で更新、さらに50歳でもう一度更新するといった具合です。

保険金の引下げなどをしない限り、更新のたびに保険料が上がっていきます。
この更新時の値上がりを考慮しなかったために、計画が狂ってしまうという人も多いようです。

保険を契約するときには、必ず更新型かどうか確認するようにしましょう。
例として挙げた定期付終身保険も、一定期間ごとに更新するタイプの他に、定期保険部分を60歳までなどとして、更新が不要なタイプもあります。

更新型の保険は最初は保険料が安いので、条件がいい保険に見えてしまいます。
保険料が安いことを売りに、すすめてくる保険の外交員も多いようです。

見た目の条件のよさに騙されず、トータルで保険料がいくら必要なのかを認識しておくことが必要です。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


タグ: , ,

コメントは受け付けていません。