FPや乗合代理店の無料相談を利用する

FPはファイナンシャル・プランナーの略です。
保険や家計の見直しなど、生活に密着したお金に関する専門家として最近注目されています。

テレビのマネーに関する番組などで、ファイナンシャル・プランナーの肩書きを持つ人を時々見かけることもあると思います。

乗合代理店というのは、複数の生命保険会社の商品を扱う生保の代理店です。
保険の自由化に伴い、このような形の保険代理店が増えてきました。

FP自信が乗合代理店を経営している場合も多いようです。

保険無料相談の意図

FPや乗合代理店が、保険の無料相談を行うことがあります。
保険の無料相談をプロが行うということで、人気のサービスのようですね。

このようなサービスをするなんて、彼らは太っ腹な人たちなのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。
彼らが無料で相談を受ける理由は、保険を販売するためです。

彼らはプロとして仕事をしていますから、何の理由もなく無料でサービスを提供するわけはありません。
無料相談と称して人を集め、営業活動を行っているに過ぎません。

まずこの点は理解しておきましょう。

無料相談のメリット

保険の無料相談のメリットは、何と言っても専門家の意見を聞けることです。
繰り返し書いているように、保険は専門性が高い商品です。

生命保険だけでなく社会保険や労働保険、税金、ファイナンシャルプランニングなどにも精通していないといけません。
そういう知識を持った人に相談できるのは、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

また、無料相談の時には、複数の生命保険会社から生命保険を選ぶことも可能です。
これもメリットの一つといえるでしょう。

同じような商品でも、保険料に大きな開きがある場合があります。

不要な保険をすすめられることも

もちろん、FPや乗合代理店に相談にのってもらうデメリットもあります。
基本的には商売ですからね。

何とかしてあなたに保険に入ってほしいと思っているのです。

時間を掛けてあなたと会う以上は、その時間を無駄にしたくは無いはずです。
そうなると、仮にあなたにすすめる商品が無かったとしても、無理やり自分達が扱う商品をすすめてくる可能性だってあるかもしれません。

例えば、あなたは現在A社の生命保険に入っているとします。
無料相談に乗った相手は、今の条件は決して悪いものでは無いと思ったとしましょう。
しかし、自分達の売上をあげるために、条件が少し劣るB社の保険に乗り換えさせようとするかもしれません。

専門家が専門用語を交えて保険変更の必要があるといった場合、あなたは上手く逃れることができるでしょうか?

あるいは、特別必要のない違う保険をすすめてくる可能性もありますね。
例えば、今の保険にプラスして個人年金とか貯蓄性のある生命保険の加入をすすめられるかもしれません。

このような例は、いくらでも考え付きます。
そして実際、このような勧誘が行われているケースもあるでしょう。

もちろん、こんな悪意のある人たちばかりではないとおもいます。
しかし、保険販売が無いと自分達の成果にならないと言う意味では、生命保険の外交員と同じ立ち場です。

何の疑いもなく信じてしまうのは、正直すぎというものでしょう。

上手に利用しましょう

いろいろ問題があるとは言え、無料相談は便利なサービスには違いありません。
FPや乗合代理店による生命保険の無料相談は、上手く利用すれば価値があるサービスだと思っています。

ただ、騙されないように注意はしておいたほうが良いとは思います。

スポンサードリンク

貯蓄用の口座には住信SBIネット銀行がおすすめ

貯蓄を始めるには、専用口座を持つのが一番です。しかも、自動的に積立てることが出来るようにしておくと、成功の確率が高まります。

貯蓄のための機能が充実したのが、住信SBIネット銀行です。貯蓄目的別のミニ口座を持てるほか、他行から定期的に引き落とすして積立てることも出来ます。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

コメントは受け付けていません。