葬式代として終身保険をすすめられた場合

2010年4月6日

生命保険の営業が葬式代として生命保険に入る事を進めるケースがあります。
この場合は、保険金100万円とか200万円程度の終身保険をすすめてきます。

「残された家族が、葬式代で困らないように準備しておいたらいかがでしょう?」などとすすめられるのだそうです。

この投稿の続きを読む »

生命保険会社の外交員がすすめる保険

2010年4月6日

少し余談ですが、生命保険会社の外交員がすすめる保険がどんなものか見ておきましょう。

彼らがすすめるということは、彼らにとって都合がいい保険ということです。
逆に言うと、私達にとってはメリットが少ない保険である可能性が大きいです。

私たちは、当然避けるべき保険といっていいと思います。

この投稿の続きを読む »

どんな死亡保険に入ればいいの?

2010年4月6日

死亡保険には「定期保険」「終身保険」があります。
そして、この2つを組み合わせた「定期付終身保険」というほけんも存在します。

この3つのうち私たちはどの保険を選べばいいのでしょうか?

この投稿の続きを読む »

定期付終身保険

2010年4月5日

死亡保険の基礎になる商品は、上で紹介した定期保険と終身保険です。
そして、この二つを組み合わせた定期付終身保険という保険があります。

もう少し正確に書くと、終身保険が主契約で、その特約として定期保険がついた保険といえます。
例えば、15年間は終身保険と定期保険で保障し、その後は終身保険だけ残るといった感じの契約になります。

主契約というのは保険の中心のなる契約のことで、特約というのはオプションでつける契約のことだとお考え下さい。
つまり、定期付終身保険の場合、終身保険に定期保険をオプションとしてつけるという契約です。

この投稿の続きを読む »

死亡保障の生命保険に入る必要がないケース

2010年4月4日

生命保険の最大の目的は、一家の稼ぎ手の死亡に供えることです。
一家の収入源が断たれたときに、経済的に困らないように保険に入るのです。

ということは、経済的に備える必要がない家庭の場合、死亡保障については考える必要がありません。

どういうケースがあるのか具体的に挙げてみましょう。

この投稿の続きを読む »

FPや乗合代理店の無料相談を利用する

2010年4月1日

FPはファイナンシャル・プランナーの略です。
保険や家計の見直しなど、生活に密着したお金に関する専門家として最近注目されています。

テレビのマネーに関する番組などで、ファイナンシャル・プランナーの肩書きを持つ人を時々見かけることもあると思います。

乗合代理店というのは、複数の生命保険会社の商品を扱う生保の代理店です。
保険の自由化に伴い、このような形の保険代理店が増えてきました。

FP自信が乗合代理店を経営している場合も多いようです。

この投稿の続きを読む »

身近な人に保険の相談にのってもらう是非

2010年4月1日

身近な人に相談にのってもらう場合、その人が保険の知識を持っているかどうかが大きく影響します。

保険会社に勤務する友人に相談にのってもらうというような、専門知識がある人の意見が聞けるケースもあります。
あるいは、「保険くらいは入っておけと」いう父親が相談相手になることもあるでしょう。

誰が相談相手になるかで、事情は全然違うはずです。

この投稿の続きを読む »

保険料は上がる可能性がある

2010年3月31日

通常、生命保険は一旦契約すると、保険料が上がることはありません。
しかし一部の保険では、保険料が上がることがあります。

これが負担になり、家計が厳しくなる人もいるようですよ。

この投稿の続きを読む »

あなたの財布は狙われている

2010年3月30日

親兄弟や親しい友人を除いて、生命保険の相談に無料で乗ってくれる人は、あなたに保険の契約をさせようと考えているはずです。
専門家が貴重な時間を割いているのです。

何の見返りも求めないなんてことはないですよね。

この投稿の続きを読む »

貯蓄貧乏・保険貧乏にならないように気をつけよう

2010年3月12日

将来のあらゆるリスクに備えて保険に入る。
あるいは、将来の全ての出費に備えて貯蓄や投資をする。

そんなことは可能なのでしょうか?

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク