公共料金はクレジットカードで払おう

できるだけカードを使う!

クレジットカードを選ぶとき、どうしたら良いのでしょうか。
選び方のポイントの一つに、自分にあったポイントサービスを行っているクレジットカードを選ぶと言う方法があります。

そして、このポイントバック機能を有効に使うためには2つの方法があります。

そのうちの一つが買い物をするときはできるだけカードを利用するという方法です。
もう一つがここで紹介する公共料金はクレジットカードで支払うという方法です。

公共料金はクレジットカードで払おう

最近は多くの公共サービスがカード払いに対応しています。

公共料金でクレジットカード払いに対応しているものをざっと挙げてみましょう。
まず思いつくのが電気 ガス NHK受信料 電話あたりでしょう。

電話は固定電話だけでなく、携帯電話もカード払いに対応しています。
インターネットのプロバイダーなどもカード払いが出来るところが多いようですね。

水道も一部ですが、対応しているようです。
あと、厳密には公共料金ではないですが、新聞もカード払いできそうです。

これは銀行引き落としにしている方が多いでしょう。
しかし、クレジットカード払いに切り替えた方が明らかにお得です。

例えば、1ヶ月に電気代1万円を使う家庭の場合を考えて見ましょう。
この家庭では1年間に12万円を電気代に使うことになります。

利用額の1%ポイントバックサービスがついているカードを使えばコレだけで年間1,200円のポイントバックがあるわけです。

諸々積み重ねていけば年間一万円程度の節約にはなるでしょう。
しかも、一旦契約するだけでその後は特に何もする必要が無いのです。

毎年1万円以上節約になると言うことは、生涯の節約額で考えれば馬鹿にはなりません。
長期的に考えれば、大きな節約効果が期待できます。

銀行引き落としにしている人は、すぐにでもクレジットカード払いに切り替えましょう。

スポンサードリンク