‘債券’ カテゴリーのアーカイブ


低リスクで運用をしたい人には、債券という選択肢もあります。お金を貯めるのにも利用できそうですよ。

債券って何だ?

債券というのは、馴染みがなくて分かりづらいかもしれません。債券を買うというのは、ようするに、国や地方自治体、企業などに私たちがお金を貸すのと同じ事です。

債券にはいろいろなタイプがあるのですが、半年とか1年に一回のペースで利息を払ってもらい、契約が切れるタイミングで貸したお金を返してもらうというのが一般的です。こういうのを利付債といいます。

ただ債券は、普通にお金を貸すのとちょっと違う点もあります。一番大きな違いは、途中で人に売ってしまえるという点でしょう。

ただ、このときの売却価格は時価なので、タイミングが悪いと元本割れをすることもあります。注意が必要です。

利付債の場合、償還(契約の終了)まで持っていると必ず元本は返ってきます。ですから、償還まで持っていれば損をすることはありません。個人の投資家の場合は、償還まで持つことが多いでしょうね。

個人向け国債がお勧め

お金を貯めるのに使うのであれば、個人向け国債の変動10年がお勧めです。定期的に買い付けて、お金を貯めていきましょう。

ちなみに、個人向け国債は、銀行でも証券会社でも買う事が出来ます。まあ、金融機関としてはあまり売りたがらないでしょうけどね。ほとんど儲かりませんから。

変動10年の個人向け国債をお勧めするには、それなりに理由があります。このタイプの個人向け国債は変動金利タイプなので、将来金利が上がった時にも損をしないのです。

固定金利の商品だと、低金利のまま我慢しないといけませんからね。解約して別の商品を買うにしても、手数料がかかることも多いですし。

また個人向け国債は、多少の手数料は発生するものの、解約しやすい仕組みになっています。買付後1年たてば、いつでも解約ができます。

またその時の手数料は、1年分の税引き後の利息と同じです。つまり、元本割れをしないようになっているわけです。

現在、元本保証の金融商品の中では、ダントツでお勧めできる商品です。興味がある人はご検討を。

【入門の入門】債券投資の基礎知識

2018年1月2日 火曜日

債券というのは、名前くらいは聞いたことがあるという人が多いでしょう。でも、今一つ実態が分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、とりあえず、理解するのに必要な最低限の知識について説明したいと思います。とりあえず、債券に投資するというのが、どんなことか分かればという感じですね。

(さらに…)

銀行預金や国内債券で貯蓄する人にはNISA・つみたてNISAは有利とはいえない

2017年10月31日 火曜日

資産運用の有利な仕組みに、NISA があります。

NISA に関しては制度の導入時に、金融機関が大騒ぎをしていました。ですから、利用している人も少なくなりでしょう。あるいは、利用していないまでも知っている人は少なくないはずです。

(さらに…)

債券の直接利回りって何だ?他の利回り(応募者利回り、所有期間利回り、最終利回り)とどう違う?

2014年8月30日 土曜日

前のページで、債券には応募者利回り、最終利回り、所有期間利回りの3つがあることをご紹介しました。実はこれ以外にも、直接利回りと呼ばれる利回りが存在します。

直接利回りとは何かを簡単に言うと、債券の購入価格に対する利息の割合を示したものです。例えば、額面100円あたり97円である債券を買ったとします。そして、この債券の表面利回りが2%だったとしましょう。ということは、97円の投資に対して、毎年2円の利息がつくことになります。

(さらに…)

債券の利回りの計算方法| 応募者利回り、最終利回り、所有期間利回り

2014年8月30日 土曜日

日本で債券の利回りを計算するときには単利が使われます。その利回りの計算ですが、債券の保有期間によって、次の3つがあります。

  • 応募者利回り
  • 最終利回り
  • 所有期間利回り

(さらに…)

債券のリターンは「いくら儲かるのか?」で考えたほうがイメージしやすい

2014年8月30日 土曜日

新発の債券の投資商品としての有利不利を考えるとき、応募者利回りを使って議論されるのが一般的でしょう。応募者利回りと言うのは、発行されたタイミングで買って償還まで持っていた場合の年平均利回りです。

ただ個人的には、パーセントで考えていると、投資の有利不利のイメージがしにくいのでは無いかと言う気がしないでもありません。感覚的に理解するためには、「実際にいくら儲かるのか?」という視点で考えた方が便利でしょう。

(さらに…)

政府保証債って何?個人でも投資できるの?

2014年8月29日 金曜日

国債に非常に性格が近い債券に、政府保証債という債券があります。どんな債権かというと、政府関係機関や特殊法人等が発行する債券のうち、政府が元本や利払いを保証しているもののことを言います。政府関係機関が発行するもを政府関係機関債、特殊法人が発行するものを特殊法人債と言います。

政府が元本や利払いを保証しているということで、国債と同じくらいの信用があると考えられます。しかし、利率は国債よりも若干高いことが多いようです。つまり、国債を買うよりも政府保証債を買うほうが有利な可能性があるわけです。

(さらに…)

公募債と私募債(縁故債)の違いは誰?

2014年8月29日 金曜日

債券には様々な分類方法がありますが、公募債と私募債という分類方法もあります。具体的にどんな分類なのか、簡単に見てみましょう。

(さらに…)

債券の表面利率は額面金額に対する利率

2014年8月28日 木曜日

債券に関する解説書や債券の資料を読んでいると、表面利率という言葉を見かけることがあります。とても重要な用語なので、正確に理解するようにしましょう。

まず正確な定義を見てみましょう。財務省のサイトでは、表面利率について次のように説明しています。

(さらに…)

債券の発行価格って何?額面金額とどう違うの?

2014年8月28日 木曜日

前のページで見たように、債券の額面金額というのは、債券をいくらくらいで買えるかの目安になる数字でした。額面金額5万円の債券なら、5万円くらいから投資が出来るということです。

逆にいうと、額面金額が5万円の債券でも、実際に発行されるときの価格は5万円では無い事も多いということです。例えば、5万1000円だったり、4万9000円だったりすることもあるわけですね。

(さらに…)

債券の額面金額はいくらから投資できるかの目安を示す金額

2014年8月28日 木曜日

債券には額面金額という金額があります。額面金額は、債券の券面に記載されています。

この数字が何を表すかというと、最低の申し込み単位をあらわします。例えば、額面金額が5万円の債券があったとしたら、約5万円から投資できるということです。この5万円が最低単位で、これの2倍とか5倍とかいった感じで投資が出来るわけです。

(さらに…)

債券は利息をもらう前に損なの?| 経過利子という考え方

2014年8月24日 日曜日

債券の中には、定期的に利息が支払われるタイプと、利息が支払われないタイプがあります。定期的に利息が支払われるタイプの債券を利付債と言います。また、利息が支払われないタイプの債券を割引債と言います。

ちなみに利付債の利息のことをこの利息のことをクーポンと言います。クーポンは半年に1回のペースで利息が支払われるのが一般的です。

(さらに…)

債券には既発債と新発債がある

2014年8月23日 土曜日

債券には既発債と新発債という分類があります。それぞれ読んで字の如くの意味です。

既発債というのは、すでに発行された債券という意味ですね。要するに中古の債券です。

新発債というのは、新しく発行される債券です。これから発行される債券をさします。つまり、新品の債券ですね。

(さらに…)

ゼロクーポンってなに?割引債のことなの?

2014年8月18日 月曜日

SBI証券の外債のページを見ていたら、「ゼロクーポン」という言葉が出てきました。具体的には、次のような感じです。

153

この「ゼロクーポン」という言葉は何なのでしょうか。割引債と同じものなのでしょうか。

(さらに…)

債券の最終利回りを計算してみよう

2014年8月5日 火曜日

債券は発行してしばらくしてから市場で買うことがあります。また、償還まで待たずに市場で売ることも可能です。ちなみに償還と言うのは、債券を発行しているところに買い戻してもらうことですね。

このページでは、債券の利回りを計算してみましょう。

(さらに…)

利付債と割引債って何?利子が払われない債券ってどういうこと?

2013年12月20日 金曜日

債券のリターンと元本は、次のような形で受け取るのが一般的です。

  • 定期的に利子が払わる
  • 償還(契約期間の終了)のタイミングで元本が返ってくる

しかし一部ですが、定期的な利子の支払いが無い債券もあるようです。利子が支払われない債券とはどういうものなのでしょうか。

(さらに…)

債券投資はいくらから始められるのでしょうか?

2013年12月20日 金曜日

債券への投資はいくらから始められるのでしょうか。

債券と言うのは、個人にはあまりなじみがない商品です。ですから、いくらくらいで買えるものなのかもイメージできない人も多いでしょう。

金額的には、私達のような庶民でも、手が出せるものなのでしょうか。

(さらに…)

債券は元本保証なのだろうか?元本割れするケースはどんな時

2013年12月20日 金曜日

債券と言うのは元本保証というイメージがあります。債券の事をよく知らない人でも、何となく安全なものというイメージはもっているでしょう。

実際のところはどうなのでしょうか。元本は保証されるのでしょうか。

結論から書いてしまうと、債券は基本的には元本保証です。ただ例外もあります。元本が保証されないケースもあるのです。

(さらに…)

国債や地方債は証券会社以外でも売買できる| 基本は証券会社ですけどね

2013年12月19日 木曜日

債券の売買をするには、どの金融機関を利用すれば良いのでしょうか。

まず大原則として、債券の売買ができるのは証券会社です。証券会社に行って、窓口で売買するのが基本です。

(さらに…)

債券を発行する企業側(あるいは国や地方自治体)のメリットは?

2013年12月19日 木曜日

社債を発行する企業のメリットはなんなのでしょうか?

わざわざ債券を発行すると言うことは、銀行からの借入れにはないメリットが何かあるはずですよね。具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

(さらに…)

債券とは?借用証書のようなものだが相違点もある

2013年12月19日 木曜日

債券と言うのは、基本的には、借金の借用証書のようなものだと考えておけば良いでしょう。借用証書を持っている人に、約束どおり利息が払われますし、期限が来れば元本部分のお金も返済されます。

ただ、普通の借用証書と全く同じと言うわけではありません。債券ならではの特徴と言うのもあります。

(さらに…)