‘積立’ カテゴリーのアーカイブ

確実にお金を貯めたければ積立型の金融商品の利用を

お金を貯めるのに一番便利なのは、積立を利用することです。

これは、おそらく、反対の意見は出ないのではないかと思います。積立型の金融商品を利用すれば、勝手にお金が貯まっていくわけですからね。

最近は積立型の金融商品が増えています。定期積金や養老保険、学資保険、個人年金保険といった昔からある積立商品に加え、投資信託を積立てることも可能です。ちょっと工夫すれば、株式やREIT、ETF なども積立てる事が出来ます。

また、投資信託の積立でも、税制な優遇が受けられるつみたてNISA や確定拠出年金といったサービスを利用することも可能です。ちゃんとした知識があれば、かなり有利に積み立てることができる環境にあるわけですね。

おすすめは「つみたてNISA」を使って投資信託の積立

積立型の金融商品は色々ありますが、一番有利なのは確定拠出年金でしょう。働いている人なら所得税や住民税をかなり節税することが出来ます。

ただ、確定拠出年金は利用目的が決まっているので、使い勝手という意味ではちょっと問題もあります。そうすると、次に有利な「つみたてNISA」を使って投資信託を積立てるという選択をするのが良いでしょう。

つみたてNISA は基本的は、通常のNISA と同じく、配当金や売却益の利益が非課税になる仕組みです。ただ、通常のNISA と違って対象となるのが一部の投資信託とETF に限られます。その代わり、非課税期間が20年あるので、長期投資に向いています。

ある程度のリスクを取っても良いと考えているのでした、税制的に有利なつみたてNISA の利用を検討してみましょう。

保険で積み立てるくらいなら

あ、逆に、一番お勧めできないのは、保険商品での積立です。もう、最悪です。保険で積み立てるくらいなら、銀行の定期積金の方がよっぽどマシですよ。

定期積金で積み立てておいて、数か月に1回とか1年に1回くらいのペースで、たまったお金で個人向け国債を買うと良いでしょう。元本保証の金融商品の運用なら、これがベストだと思います。

SBI証券がおすすめ

ちなみに、つみたてNISA を含めた投資信託の積立をするなら、SBI証券がお勧めです。SBI証券は投資信託の積立に力をいれている上に、顧客満足度が高いのです。

いくつか調べてみましたが、つみたてNISA に関しては、大手の金融機関はあまり力をいれていない印象でした。開始直前の2017年末にこの状態だから、今後も期待できないでしょうね。

大手の金融機関が力を入れない理由は簡単です。つみたてNISA は顧客に有利な仕組みなので、金融機関は儲からないのです。

ですから、その意味でも、比較的力をいれているネット証券を使うのは、合理的な選択でしょう。

損害保険会社の積立商品| 損保ジャパン日本興亜「THE みらいの積立保険」

2015年11月7日 土曜日

損保会社でも積み立て型の商品を扱っています。例えば、損保ジャパン日本興亜では「THE みらいの積立保険」という商品の扱いがあります。

ちなみに、これは保険の種類で言うと、年金払積立傷害保険と呼ばれる保険にあたります。貯蓄部分の基本的な考え方としては、毎月保険料を積み立てると、満期になったときに年金の形で保険金が受け取れるというものです。

(さらに…)

住宅の頭金を貯めるにはどんな商品を使えるか?

2014年1月11日 土曜日

住宅の頭金を貯めるには、どんな金融商品を使えば良いのでしょうか。

頭金を貯めるための金融商品に最低限必要のは、やっぱり積立機能でしょう。積立機能があれば計画的かつ自動的に準備が出来るので、貯蓄はしやすいはずですからね。

積立型の商品としてまず思いつくのは、銀行の定期積金です。でも、実は、それ以外にも使えそうな金融商品はたくさんあります。どんな商品が利用可能なのか、代表的なものをご紹介したいと思います。

(さらに…)

お金を貯めるのに使える積立商品にはどんなものがある?

2013年12月4日 水曜日

■ 自動的にお金を貯めたければ積み立て型の商品を利用する

お金を確実に貯めるには、積み立て型の商品を使うのが便利です。積み立て型の商品を使えば自動的にお金が貯まります。意志が弱い人でも確実に貯蓄が出来るのです。

でも、積み立て型の商品と言っても様々なものがあります。このページでは、どんな積立商品があるのかチェックしてみましょう。

(さらに…)

株式積立vs. 投信積立、資産運用で使うならどっち?

2013年4月15日 月曜日

比較的ハイリスク・ハイリターンな商品の積立と言うと、株式や投資信託の積立があります。これらの積立をするのは、資産運用としては適切なのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

るいとうを使えば株式での積立も出来る

2013年4月15日 月曜日

積立をしてお金を貯める時の選択肢として、株式を積立てることを選ぶこともできます。株式累積投資というサービスです。

株式累積投資というのは、実は以前からあるサービスです。野村證券のサイトによると、1993年からあるサービスみたいですね。1993年と言うのが、野村證券が始めたタイミングなのか、日本で最初の取扱があったタイミングなのかは分かりませんが。

(さらに…)

投資信託の積み立てにはSBI証券が良い

2013年4月14日 日曜日

別のページでも書きましたが、投資信託の積立をするのならSBI証券がお勧めです。ここではそう考える理由を簡単に紹介しましょう。

そもそも、投資信託の積立なんてどの金融機関を使っても同じと思っている人も多いでしょう。しかし、実際には、かなりの違いがあるのです。SBI証券を選ぶかどうかは別にして、金融機関選びはかなり重要ですよ。

(さらに…)

投資信託の積立を使って貯蓄をするのは良い選択です

2013年4月14日 日曜日

確実にお金を貯めるために積立を使うのは賢い方法です。半ば強制的に毎月お金を貯めることができますからね。

積立商品の中でも投資信託の積立は、特にお勧めです。小額からはじめることができ、リスクとリターンをコントロールしたポートフォリオを作りやすいのです。

(さらに…)

確実にお金を貯めるには積立を利用しよう| 強制的に貯蓄するのがポイントです

2013年4月13日 土曜日

お金を貯めようと思っても、なかなか貯まらないという人は多いでしょう。これまで何度もトライしたのに、ぜんぜんうまく行かないという人もいらっしゃると思います。

貯蓄のコツは、毎月一定額をコツコツ貯めていく事です。しかし実際にやってみると、これはなかなか難しいものです。

(さらに…)

旅行積立って言うのがあるんだけどさあ…比較以前の問題かな

2011年12月8日 木曜日

旅行業界では、各社が旅行積立という商品を扱っています。

旅行代金としてコツコツとお金を積立て、そのお金を使って旅行をするという形が多いようです。
あるいは、旅行券として戻ってくると言うケースもあるようですね。

例えば、H.I.S. の旅行積立の場合はこんな感じです。

当然ですが、事前にお金を積立てる事によるメリットもあります。
どんなメリットかというと、実際に積立てた額よりも、旅行で使える額の方が大きくなるのです。

金融商品で言う利息のようなものが付くわけです。

H.I.S.の場合は、年利に換算すると2%前後のプラスアルファがあります。
例えば、9万8,039円を預けると、1年後に10万円分の旅行が出来ます。

(さらに…)

確実に貯蓄するには積立が良い

2010年10月18日 月曜日

お金を貯めようと思ったときに、一番便利なのが積立商品を利用することです。こうすれば、よっぽどのことが無いかぎりお金を貯める事が出来ます。

これまで貯蓄が上手く行かなかったという人は、ぜひ積立を試してみてください。

それでは、積立のどこが良いのか、どこで積立てるのが良いのか、チェックしていきましょう。

(さらに…)