‘お金に関する基礎知識’ カテゴリーのアーカイブ

資産運用における「リスク」という言葉ほど誤解されているものも無い

2018年1月6日 土曜日

テレビや雑誌などで投資の専門家が言っている「リスク」は、あなたが思っている「リスク」とは違う意味なのかもしれません。かなりの誤解が生じている「リスク」に関する話です

(さらに…)

給与から引かれる税金(所得税)の額はどうやって求めるの?

2018年1月5日 金曜日

私たちの給料からは、毎月税金がとられています。でも、その税金の額はどうやって決まっているのでしょう?正直、よく分からないですよね。

(さらに…)

【社会保険の基礎知識】国は意外と私たちの暮らしを守ってくれる

2018年1月4日 木曜日

人間生きていると、お金に関して色々な不安があるものです。将来の不安に対して、国がどの程度守ってくれるのか、どの程度は自助が必要なのか、チェックしてみましょう。

(さらに…)

【入門の入門】自動車保険の選び方

2018年1月4日 木曜日

自動車保険というと、なんだか複雑という印象があります。そこで、自動車保険の概要について整理してみました。基本的な考え方は理解できるはずです。

(さらに…)

遺言は多少お金を出しても公正証書遺言を選んだ方が良さそうです

2018年1月4日 木曜日

遺言と遺書って違うものなのでしょうか。遺言にはどんな種類があるのでしょうか。簡単に整理してみました。

(さらに…)

市街化区域における開発許可

2010年6月29日 火曜日

問題

市街化区域において開発行為をするには、開発する面積に寄らず開発許可を取得しないといけない。

○か×か?


市街化区域の開発許可に関する問題です。
このあたりの決まりは、常識として理解しておきたいですね。

特に、市街化区域と市街化調整区域の違いは重要です。
FP技能士の試験でもよく出題されるようです。

(さらに…)

サラリーマンが確定申告しないといけない場合

2010年6月25日 金曜日

【問題】

年末調整を受けた給与所得者で,その年において給与所得および退職所得以外の所得金額の合計額が20万円を超える場合は,所得税の確定申告書を提出しなければならない。

○か×か?


所得税の確定申告に関する問題です。
サラリーマンでも確定申告が必要な場合があるのですが、今回はそのケースに関してです。

2010年5月のFP3級の問題からそのまま引用しています。

該当する人は、申告忘れが無いように注意したいですね。

(さらに…)

デフレって何のこと?

2010年6月25日 金曜日

問題

デフレーションの状況下では、物価が上昇し貨幣価値が落ちる。

○か×か?


デフレについての基礎知識を問う問題です。
FP3級の問題を参考にしました。

この問題はFPを目指す人だけでなく、一般の人も知っておいた方が良い内容ですね。
一般常識といえるレベルです。

それにしてもこの試験は本当に不思議な試験だと思います。
問題のレベルが、設問によって違いすぎるのです。

もちろん、この問題は絶対正解しないといけない易しい問題です。

(さらに…)

損害保険で得しちゃダメってこと「超過保険」

2010年6月24日 木曜日

【問題】

損害保険の超過保険とは,保険価額が保険金額より大きい保険の事を言う。

○か×か?


損害保険の超過保険に対する問題です。
FP技能士の学科試験では、時々問われる内容ですね。

一般の人も、自分にとって不利な契約をしないように、ぜひ知っておいて欲しい良い内容です。

(さらに…)

PBR(株価純資産倍率)を計算しよう

2010年6月18日 金曜日

【問題】

<A社のデータ>
株価 1,000円
当期純利益 50億円
自己資本 1,500億円
総資産 6,000億円
発行済株式数 1億株
配当金総額(年間) 20億円

A社のPBR(株価純資産倍率)は、0.8倍である。
○か×か?

(さらに…)