貯蓄専用の銀行口座を用意する【お金を貯めるには】

貯蓄専用の口座を用意する

毎月の積立金額が決まったところで、貯蓄専用の口座を用意します。

この口座は日常の生活費を管理する口座とは完全に分けておきましょう。日常使用する口座と一緒にしてしまうといくらたまったか分かりにくくなってしまう恐れがあります。

目標の金額をためるためだけに新たに口座を開設するわけです。あるいは日常全く使っていない口座を使ってもいいでしょう。

ただし、この場合はこの口座から公共利用金等の引き落としがないことを確認しておきましょう。貯蓄目的以外には1円も使ってはいけません。

もちろん日常使う口座と一緒にしていくらたまっているかを帳簿などで管理することは可能なのですが、生活費が足らないからなどの理由で貯蓄用のお金に手をつけてしまう恐れがあります。こんな事をしていてはたまるハズのお金も貯まりません。

貯蓄専用の口座を用意して、目標金額に達するまではその口座からは1円も引き出さないという強い覚悟で望みましょう。

銀行口座では住信SBIネット銀行の利用がお勧め

銀行口座を貯蓄用口座にする場合は、住信SBIネット銀行の利用がお勧めです。住信SBIネット銀行は金利が比較的高いですし、貯蓄のための機能も充実しています。例えば、口座の中をいくつかにわけ、目的別の貯蓄なども可能です。また、一定回数までは振込み手数料が無料などの利点もあります。

さらに、住信SBIネット銀行はSBI証券と連動性が良い制度です。預金を株式購入などの資金にまわすことも容易なのです。

株式や投資信託を使う場合は証券口座を

投資信託や債券・株式などの投資を利用しようとする方は証券会社の口座を用意するのがいいでしょう。特に、手数料が安いネット証券の利用をお勧めします。

個人的には、SBI 証券がイチオシですが、楽天証券などでも良いと思います。これらの証券会社は手数料も魅力ですが、取り扱っている商品の種類も多様です。例えば、アセアンの株式に直接投資することも可能です。楽天証券だと、金やプラチナなどに投資することも出来ます。

給料日にはまず貯蓄口座に入金する

毎月の給料日が来たら、まず貯蓄用口座に入金しましょう。
もし、会社が複数の金融機関に振り込んでくれる場合は毎月の振込額10万円は貯蓄用の口座に振り込んでもらうようにしましょう。

そして、残りの金額で生活をするわけです。残りの金額は自由に利用していいと思っています。
ここで家計簿をつけて更に節約使用などと考えると窮屈になってしまいます。

ここで重要なのは、どんなに生活が厳しくても貯蓄用の口座からは1円も使わないようにするということです。
残りの金額を何とかやりくりして乗り切ってください。

ボーナスは自由に使ってもいいでしょう。
あるいは、ボーナスを生活費の足しにしてもいいかもしれません。

ボーナスの一定額を積み立てる事にして月額の積み立て額を引き下げてもいいのですが、最近はボーナス支給額が会社の業績によってまちまちですので予定を立てにくいかもしれません。
ボーナスは自由に使えるお金として残しておいて積立額には含めないほうがやりやすいでしょう。

この方法を利用すると、確実に目標金額をためることができます。
特に、現在いくら貯まっているかはっきり分かるので励みになるという効果もあります。

貯蓄用の口座を作るのが面倒だという場合は

貯蓄用の口座を作って毎月入金や振込みをするのが面倒だとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そんな方には積立がいいかも。

この方法だと手間がかかりません。

2005.08.22

スポンサードリンク