複利のマジックを使おう

【複利】という言葉になじみはあるでしょうか?
実は【複利】の力を使えば普通にお金を貯金するよりもずっと早いスピードでお金を増やす事ができるんです。

複利って何?

利息には複利と単利という2つの種類があります。
どちらもなじみが薄い言葉かもしれません。

  • 単利

    元金に対してだけつける利息の事を単利といいます。
    「なんのこっちゃ?」って感じですよね。

    具体例を出して考えて見ます。100万円を5年間預ける場合を考えましょう。
    このとき単利で年5%の利息がつくとします。

    1年後:元本100万円に対して利息5%の5万円がつきます
    (100万円→105万円)

    2年後:元本100万円に対して利息5%の5万円がつきます
    (105万円→110万円)

    3年後:元本100万円に対して利息5%の5万円がつきます
    (110万円→115万円)

    4年後:元本100万円に対して利息5%の5万円がつきます
    (115万円→120万円)

    5年後:元本100万円に対して利息5%の5万円がつきます
    (120万円→125万円)

    このケースの場合毎年利息の5万円をもらえるわけです。
    そうすると元本100万円と5年分の利息を合わせて、

    100万円+5万円+5万円+5万円+5万円+5万円=125万円

    となり100万円が125万円に増えた事になります。

  • 複利

    単利は元本にだけ利息がつくという考え方をしました。
    一方の複利は利息にも利息がつくという考え方をします。

    これも具体例で考えてみたほうが分かりやすいでしょう。

    先ほどと同じように、100万円を5年間預ける場合を考えましょう。
    ただし、今回は利息は5%の利息が複利でつきます。

    1年後:元本100万円に対して利息が5万円つきます(ここまでは単利の場合と同じです)
    (100万円→105万円)

    2年後:1年目の元本+利息の105万円に5%の利息がついて1,102,500円になります。
    (105万円→1,102,500円)

    3年後:2年目の元本+利息の1,102,500円に5%の利息がついて1,157,625円になります。
    (1,102,500円→1,157,625円)

    4年後:3年目の元本+利息の1,157,625円に5%の利息がついて1,215,506円になります。
    (1,157,625円→1,215,506円)

    5年後:4年目の元本+利息の1,215,506円に5%の利息がついて1,276,281円になります。
    (1,215,506円→1,276,281円)

    この計算から分かるように5年間かけて100万円が1,276,281円になるわけです。

単利と複利を比較してみる

ここまでの結果を表にしてみましょう。違いを見やすくするために20年分の表にします。

複利 単利 複利−単利
元本 ¥1,000,000 ¥1,000,000 ¥0
1年後 ¥1,050,000 ¥1,050,000 ¥0
2年後 ¥1,102,500 ¥1,100,000 ¥2,500
3年後 ¥1,157,625 ¥1,150,000 ¥7,625
4年後 ¥1,215,506 ¥1,200,000 ¥15,506
5年後 ¥1,276,282 ¥1,250,000 ¥26,282
6年後 ¥1,340,096 ¥1,300,000 ¥40,096
7年後 ¥1,407,100 ¥1,350,000 ¥57,100
8年後 ¥1,477,455 ¥1,400,000 ¥77,455
9年後 ¥1,551,328 ¥1,450,000 ¥101,328
10年後 ¥1,628,895 ¥1,500,000 ¥128,895
11年後 ¥1,710,339 ¥1,550,000 ¥160,339
12年後 ¥1,795,856 ¥1,600,000 ¥195,856
13年後 ¥1,885,649 ¥1,650,000 ¥235,649
14年後 ¥1,979,932 ¥1,700,000 ¥279,932
15年後 ¥2,078,928 ¥1,750,000 ¥328,928
16年後 ¥2,182,875 ¥1,800,000 ¥382,875
17年後 ¥2,292,018 ¥1,850,000 ¥442,018
18年後 ¥2,406,619 ¥1,900,000 ¥506,619
19年後 ¥2,526,950 ¥1,950,000 ¥576,950
20年後 ¥2,653,298 ¥2,000,000 ¥653,298

この表からいくつかわかることがあります。

  • 期間が経つほど複利と単利の差が大きくなる

    5年目には26,282円しかなかった複利と単利の差が20年後には653,298円の差になっています。
    元本が100万円で60万円以上の差がつくわけです。

    これは見逃せないですよね。
    これは単利のほうは何年たっても毎年5万円の利息しかつかないのに複利のほうは利息の利息という形でどんどん利息の額が大きくなっていくからです。

    特に注目してもらいたいのは19年後から20年後の期間で複利のほうは126,348円もの利息がついています。
    もともとの元本が100万円だったことを考えれば元本に対して12%以上の利息がついている計算になります。

  • 100万円を寝かしておくだけで200万円以上になる

    この表から単利の場合で100万円が200万円、複利の場合では100万円が260万円以上になることが分かります。
    数パーセントの利息がつくだけでこれだけ大きな結果を得ることができるわけです。

結論

数パーセント程度の利息がつく複利の金融商品の場合20年以上の長期間運用することで大きく増やす事も可能です。
もちろん数パーセントの利息がつく金融商品にはリスクがつき物ですが、それでも検討に値するといえるのではないでしょうか。

大事なのは複利のは複利の商品に長期間というキーワードです。

2005.07.19

スポンサードリンク