そもそも株って何?

そもそも株って何?

「株」って一体なんなのでしょう?

よく聞く言葉で分かったような気がしていますが、ちゃんと理解している人は少ないのではないのではないでしょうか。
よくわからないものに投資するって、どう考えても怖いことですよね。

辞書的な言い方をすると、株式とは株式会社に対する出資者の持分のことを言います。
ちょっと分かりにですね。

株式とは、

株式会社という形態の会社にお金を出している(出資している)人の、その会社を所有する部分を表しているものを表している

わけです。
つまり、株式を所有している人は会社を部分的に所有しているわけですね。

さらに具体的に考えてみましょう。
100株を発行している会社があったとします。

仮にあなたがその会社の株式を1株持っていたとします。
このときあなたは会社の100分の1を所有しているといえわけです。

つまり、株を買うという行為は株式会社の一部分を購入することと同じ意味を持つわけですね。
会社の部分的なオーナーになるということです。

株式投資をしている人は、お金を出して会社のオーナーになっているわけです。

何で株を買うのか?

さて、「株」を買うと行為が会社の一部を所有する事であると分かりました。
でも何で、わざわざお金を出して会社の一部を買おうとするのでしょう?

お金を出して株を買う理由は次の2つです。

1.利益の一部を受け取るため

会社を経営することで生まれた利益は最終的にどうなるのでしょう?
一部は会社の中に残しておいて、将来の経営のために使われます。

例えば、新しい機械を買ったり、人を増やすのに使われるわけです。
しかし、将来の発展のために利益の全てが使われるわけではなく、純粋に儲けとして残る部分があります。

その余分な利益の部分は株をもっている人に支払われます。
このお金のことを配当といいます。

2.株の価格の変動を利用して売却益を得るため

既に述べたとおり、「株」を持っているということは会社を部分的に所有するのと同じ意味があります。
会社が経営努力をし、毎年の利益が増える事であなたが「株」を買ったときよりも高い値段で株を買ってもいいと考える人が出てくるでしょう。

そんな人に「株」を売れば株を売った価格から株を買った価格を引いた差額の利益を得ることができます。

スポンサードリンク