ネット証券の口座の開き方:お金を貯めるための口座を作る

証券会社に口座を開く

株式投資をしたい方は証券会社に口座を作らなくてはなりません。

株式投資をするなら証券会社に口座を開くことは必須条件です。

投資信託を購入したい方の場合は、郵便局や銀行を使ってはじめることも可能です
しかし、手数料を考えると、証券会社に口座を開いた方が良いでしょう。

特に、ネット証券が良いですね。
あまり知られていませんが、取り扱っている投信の数が多いのは、店舗型の証券会社ではなくてネット証券です。

また、ネット証券は投資信託の積立にも熱心です。

証券会社の口座を作るというと、何か特別な事のように感じる方もいらっしゃるかもしれません。
銀行や郵便局みたいに日常的に行くことも無いですしね。

でも、実はそれほど特別な手続きがいるわけではありません。

銀行の口座をもっている人はそれを作ったときと同じような手順で口座が作れると思っていただければ問題ないでしょう。
銀行口座とちょっと違うのが、口座開設の申込み用紙に投資経験の有無を問う欄などがあるくらいです。

ま、たいした違いではないですよ。
投資経験がないと、口座が開けないわけでもありませんし。

ネット証券に口座を作る

ここからは、ネット証券に口座を作ることを前提に説明を進めます。

ネット証券が特殊なのは、口座の印や本人証明の書類を届けるのに郵送をしなければいけない点です。
これらの手続きに若干時間がかかるので、口座開設をしようと思いたってもすぐに取引開始というわけには行きません。

もちろん、ビックリするような手間ではありませんよ。
証券会社にもよりますが、数日程度だとお考えください。

それでは、具体的な手順を見てみましょう。
証券会社によって若干手順は違いますが、概ね以下のような手順で手続きを進めていくことになります。

1.口座を開設したい証券会社のホームページに行って「口座開設」のボタンをクリックします。

2.必要事項を記入する画面に移動するので、ここで氏名や住所などの情報を入力し、口座開設の申し込みをします。

3.証券会社から口座開設のセットが送られてくるので、記入しなければならない部分を記入します。
署名・捺印し、本人確認の書類(運転免許証のコピーなど)と共に返送します。

4.証券会社の確認が済むと、口座開設の確認書類と使用方法が記載された書類が届き手続き完了です。

実際やってみるとお分かりいただけると思いますが、それほど難しいものではありません。
ただ、書類のやり取りが面倒といえば面倒ですね。

おすすめのネット証券

個人的におすすめなのが「楽天証券」と「SBI証券」です。
実際に私も口座を開いています。

どちらも手数料が安いですし、ネット証券としては歴史もあるので安心感も高いです。

楽天証券はアメリカ株や中国株の購入も可能なので、海外の投資に興味がある人は特におすすめです。

また、SBI証券は確定拠出年金積立プランの取り扱いがあります。
このページを書いている段階では、ネット証券で確定拠出年金を取り扱っているのはココだけです。

老後の年金のことを考えている人に特に向いていると思います。

スポンサードリンク