リスクってなんだろう?

そもそも「リスク」って何?

投資とか資産運用の世界では、言葉の使い方が一般的なものとは異なることがあります。
「リスク」という単語もその一つです。

一般的には「リスク」という言葉は危険とか危険度という意味で使われます。
でも、投資の世界では「リスク」というのは「収益の不確実」という意味で使われます。

実はこの「リスク」という単語の使われ方の違いがもとで、誤解をまねく事がよくあります。

具体的に考えてみましょう

具体例として、株式投資を考えてみましょう。
一株100円のA株と一株100円のB株を一株ずつ買って、5年間保有する事にします。

A株は値動きが激しい株です。
5年間保有した場合株価が150円〜250円になる事が予想されているとしましょう。

将来の株価に100円も差があるのですから将来の収益は不確実です。
しかし、5年保有で最低でも50%の利益が得られるわけですから、そんなに悪い投資ではありません。

一方B株は株価が安定します。
5年間保有すると95円から115円になることが予想されているとします。

5年後の株価の幅が20円しかないわけですから、将来の予想という意味ではA株よりずっと確度が高いわけです。
しかし、下手をすると投資した100円よりも株価が下がってしまうかもしれません。

あなただったらA・Bのどちらに投資しますか?
普通に考えたらAですよね。

それでは、より「リスク」が高いのはどちらでしょう?
先ほども言いましたが「リスク」とは不確実性のことです。

つまり不確実性が高い、将来の予想価格に100円も幅があるB株の方がリスクが高いことになってしまします。

コレはちょっと変な感じがしないですか?
でも、本当なのです。

一般的な感覚では100円で購入すると150〜250円になるA株の方が、95円から115円にしかならないB株よりもずっとリスクは小さいような感覚があります。
でも投資の世界でのリスクという言葉の使われ方では、予想の幅の大きいA株の方がリスクが大きいわけです。

誰かが「リスク」といっていたら気をつけて聞きましょう!

テレビのニュース番組のなかでキャスターと投資や経済の専門家が話している場面を見ることも多いです。
こんなときは、注意が必要です。

お互い同じ「リスク」という言葉を使っていても、全然違う事を話している事もあり得ます。
情報を受け取る私たちは、発言している人がどちらの意味で「リスク」という単語を使っているのか見極める必要があるのです。

気をつけないと全く意味が違ってしまいます。

スポンサードリンク