‘個人向け国債’ タグのついている投稿

国債より高利だから地方債を買いたい?│ まずネット銀行をチェックしてみよう

2012年5月10日 木曜日

数日前、証券会社の前を通りかかったときに、川崎市の市債のパンフレットを見つけました。
それによると、川崎市では5年債と10年債を発行しているようです。

ちなみに、5年債の過去の発行条件を見ると、年0.4%程度の利率です。
現在の長期金利の水準を見る限り、今回もこれに近い数字になるでしょう。

年0.4%という利率は5年物の国債と比べると、かなり有利な条件のように思われます。
例えば、直近の5年物の個人向け国債の利率は年0.27%です。

この利率の差は、国と地方自治体の信用力の差と言っていいでしょう。
国の方が確実に利息を払いお金を返してくれると思われているわけです。

(さらに…)

個人向け復興国債と定期預金を比較してみた

2011年12月3日 土曜日
個人向け復興国債というのが発売されるそうです。
商品の性格としては、銀行の定期預金に近い商品ですね。

定期預金と比べて、どちらが有利なのでしょうか?

12月5日から個人向け復興国債と言うのが発売されるようです。

「復興」という名前が入っているので、きっとよく売れるのでしょうね。
まあ、政府が使うお金を調達すると言う意味では、普通の個人国債と大差はないですけどね。

何にしても、私達個人投資家にとって大事なのは、この商品が有利な商品なのかどうかです。
復興に少しでも協力したいと言う意思があったとしても、あまりにも酷い商品だと協力しにくいですよね。

(さらに…)

定期預金と個人向け国債はどっちがお得なの?

2011年5月18日 水曜日

金利の高い定期預金は?」のページで見たように、定期預金をするならネット銀行が良いようです。特に、住信SBIネット銀行の金利が高いようですね。1

ところで、定期預金と比較的性格が近い金融商品として、個人向け国債があります。定期預金にするのと、個人向け国債を買うのは、どちらが得なのでしょうか?

ちょっと比較してみましょう。

(さらに…)

  1. 余談ですが、住信SBIネット銀行は、機能の面でも非常に優れていいます。貯蓄用の口座としてはおススメです。 []

個人向け国債vsネット銀行の定期預金

2010年12月4日 土曜日

ここまで、ネット銀行個人向け国債について紹介しました。

どちらも安全で、比較的金利の良いお金の預け先です。

私達としてはどちらを利用すれば良いのでしょうか?

両者を簡単に比較をしてみましょう。

(さらに…)

貯蓄したお金を置いておくには個人向け国債という手もある

2010年12月4日 土曜日

貯めたお金を置いておく場所のひとつに、国債という手もあります。

国債と言うと何だか難しそうですが、要するに国の借金のことです。

私達が日本の国債を買うということは、国にお金を貸してあげるという事を意味します。

そう考えると、それほど難しいものではありません。

(さらに…)